2007年11月06日 19時46分 公開
ニュース

CTCとマイクロソフト、CRMソリューション分野で協業NEWS

「Microsoft Dynamics CRM 3.0」をベースに開発したCRMおよびコンタクトセンターシステムの開発・構築を短期間で実現する独自のCRMソリューション「Powerful CRM」を販売開始

[TechTarget]

 伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)とマイクロソフトは11月6日、CRMソリューション分野での協業を発表した。これによりCTCは、マイクロソフトのCRMアプリケーション「Microsoft Dynamics CRM 3.0」(以下、Dynamics CRM)をベースに独自開発した統合型CRMソリューション「Powerful CRM」の販売を同日より開始した。

 Powerful CRMは、営業業務、コンタクトセンター業務、保守・サービス業務、マーケティング業務などで必要となる多様な機能や情報を搭載する統合CRMソリューション。コンタクトセンターでは、CTIや電子メールとの連携によりマルチチャネルにも対応可能となっている。また、CTCが取り扱う主要ベンダー製の構内交換機(PBX)、音声応答装置(IVR)、通話録音装置、サーバ、ネットワークなどの各種ハードウェア製品との組み合わせにより、トータルソリューションの提供を短期間かつワンストップで可能にするという。

 マイクロソフトは本ソリューションの開発・拡張に当たり、Dynamics CRMおよび連携する各種サーバ製品(「Microsoft SQL Server」「Microsoft BizTalk Server」「Microsoft Exchange Server」など)を含めた包括的な技術支援を行うとともに、各種イベント・セミナーを通じてCRMシステムの導入促進、定着化を支援するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

Yahoo!広告がLINE広告と連携 「LINE NEWS」面への配信を開始
ヤフーとLINENが広告事業で初めての連携。

news019.jpg

人はなぜFacebookを離脱したくなるのか? プライバシー懸念を上回る理由
さまざまな懸念もよそに拡大する巨大SNS。一方でそこからログアウトする人々は何を思うの...

news117.jpg

化粧品の二次流通市場規模は推計1555億円――メルカリとアイスタイル調査
二次流通市場購入者の40.1%が、使ったことがない化粧品を試すための“トライアル消費”...