丸紅情報システムズ、障害・脆弱性ソースコード検出ソフトウェアを発売NEWS

開発中のソフトウェア内に、障害や脆弱性の原因となるプログラムの記述がないかを調査するソフトウェア「Klocwork K7」を発売

2007年11月09日 18時06分 公開
[TechTarget]

 丸紅情報システムズは11月8日、米クロックワークと販売代理店契約を締結し、同社が開発する障害・脆弱性ソースコード検出ソフトウェア「Klocwork K7」の販売を同日より開始したと発表した。

 本製品は、開発中のソフトウェア内に障害や脆弱性の原因となるプログラムの記述がないかどうかを調査するソフトウェア。障害(バグ)や脆弱性につながる記述パターンのデータベースを基に、JavaやC/C++言語で記述されたソースファイルを調査して潜在的な問題の数量と内容を詳細にレポートする。

 複数のソースファイルで構成されたソフトウェアも自動でソースファイル間の関係性を解析し、問題点を検出できる。検出された脆弱性や欠陥情報、誤検出情報は自動でデータベースに蓄積し、開発チーム全体で共有化される。これにより、多数の人員が携わるソフトウェア開発において、テストと修正にかかる時間を削減できるとしている。標準価格は240万円(税抜き)から。

関連ホワイトペーパー

脆弱性 | バグ | Java


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...