2007年11月09日 18時06分 UPDATE
ニュース

NEWS丸紅情報システムズ、障害・脆弱性ソースコード検出ソフトウェアを発売

開発中のソフトウェア内に、障害や脆弱性の原因となるプログラムの記述がないかを調査するソフトウェア「Klocwork K7」を発売

[TechTarget]

 丸紅情報システムズは11月8日、米クロックワークと販売代理店契約を締結し、同社が開発する障害・脆弱性ソースコード検出ソフトウェア「Klocwork K7」の販売を同日より開始したと発表した。

 本製品は、開発中のソフトウェア内に障害や脆弱性の原因となるプログラムの記述がないかどうかを調査するソフトウェア。障害(バグ)や脆弱性につながる記述パターンのデータベースを基に、JavaやC/C++言語で記述されたソースファイルを調査して潜在的な問題の数量と内容を詳細にレポートする。

 複数のソースファイルで構成されたソフトウェアも自動でソースファイル間の関係性を解析し、問題点を検出できる。検出された脆弱性や欠陥情報、誤検出情報は自動でデータベースに蓄積し、開発チーム全体で共有化される。これにより、多数の人員が携わるソフトウェア開発において、テストと修正にかかる時間を削減できるとしている。標準価格は240万円(税抜き)から。

関連ホワイトペーパー

脆弱性 | バグ | Java


ITmedia マーケティング新着記事

news046.jpg

F1層(20〜34歳女性)に聞く「タピオカドリンクを飲む理由」――ミュゼマーケティング調べ
タピオカドリンクを購入する理由などを、20〜34歳女性1764人にリサーチしています。

news043.jpg

「GAFA」を脅威と言う前に正しく理解する――オプトホールディング鉢嶺 登氏インタビュー
『GAFAに克つデジタルシフト』(日本経済新聞出版社)を上梓したオプトホールディング代...

news015.jpg

ラグビーに関心を持つ人が急増――マクロミルと三菱UFJリサーチ&コンサルティングが調査
「2019年スポーツマーケティング基礎調査」の結果から速報値を紹介します。