2007年12月20日 18時22分 公開
ニュース

NECとF5ネットワークス、NGN時代に向けたサービス基盤提供で協業NEWS

NECのサービス実行基盤「WebOTX」とF5ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager」の製品連携の強化および販売促進で協業を拡大

[TechTarget]

 NECとF5ネットワークスは12月20日、NECのサービス実行基盤「WebOTX」とF5ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager」の連携強化を発表した。F5ネットワークスの「iControl API」を通じてトラフィック管理装置を動的制御する連携機能を「WebOTX Application Server」に実装。サーバリソースの動的な負荷分散によって、システムの動作状況を反映させたきめ細かな負荷制御が可能になるとしている。本機能は2008年1月より提供予定。

 また、WebOTX Application ServerとBIG-IP Local Traffic Managerを連携動作させるための設定方法や動作時の性能検証を行う導入ガイドを公開。これによりシステム導入時のリスク軽減、システム構築の容易化を実現するとしている。導入ガイドには、サーバリソースの動的な負荷分散設定の変更方法、NGNの標準技術となるSIPプロトコルの負荷分散とスケーラビリティの実現方法、WAN環境におけるWebアプリケーションの高速化手法などが含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。

news162.jpg

テレビと広告とTwitterと人間の脳の関係について、いま分かっていること(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news029.jpg

P&Gが「ショッパー」のニーズを満たすために全社横断でやっていること
「LINE BIZ DAY BREAKOUT BRAND&DIRECT」で発表された事例の中から、P&Gが実施したデジタ...