NECとF5ネットワークス、NGN時代に向けたサービス基盤提供で協業NEWS

NECのサービス実行基盤「WebOTX」とF5ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager」の製品連携の強化および販売促進で協業を拡大

2007年12月20日 18時22分 公開
[TechTarget]

 NECとF5ネットワークスは12月20日、NECのサービス実行基盤「WebOTX」とF5ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager」の連携強化を発表した。F5ネットワークスの「iControl API」を通じてトラフィック管理装置を動的制御する連携機能を「WebOTX Application Server」に実装。サーバリソースの動的な負荷分散によって、システムの動作状況を反映させたきめ細かな負荷制御が可能になるとしている。本機能は2008年1月より提供予定。

 また、WebOTX Application ServerとBIG-IP Local Traffic Managerを連携動作させるための設定方法や動作時の性能検証を行う導入ガイドを公開。これによりシステム導入時のリスク軽減、システム構築の容易化を実現するとしている。導入ガイドには、サーバリソースの動的な負荷分散設定の変更方法、NGNの標準技術となるSIPプロトコルの負荷分散とスケーラビリティの実現方法、WAN環境におけるWebアプリケーションの高速化手法などが含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

Xが新規アカウントに課金するとユーザーはどれほど影響を受ける? そしてそれは本当にbot対策になるのか?
Xが新規利用者を対象に、課金制を導入する方針を表明した。botの排除が目的だというが、...

news095.jpg

Googleの次世代AIモデル「Gemini 1.5」を統合 コカ・コーラやロレアルにも信頼される「WPP Open」とは?
世界最大級の広告会社であるWPPはGoogle Cloudと協業を開始した。キャンペーンの最適化、...

news018.jpg

Cookie廃止で広告主とデータプロバイダ、媒体社にこれから起きることとその対策
連載の最後に、サードパーティーCookie廃止が広告主と媒体社それぞれに与える影響と今後...