NECとF5ネットワークス、NGN時代に向けたサービス基盤提供で協業NEWS

NECのサービス実行基盤「WebOTX」とF5ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager」の製品連携の強化および販売促進で協業を拡大

2007年12月20日 18時22分 公開
[TechTarget]

 NECとF5ネットワークスは12月20日、NECのサービス実行基盤「WebOTX」とF5ネットワークスのアプリケーションデリバリコントローラ「BIG-IP Local Traffic Manager」の連携強化を発表した。F5ネットワークスの「iControl API」を通じてトラフィック管理装置を動的制御する連携機能を「WebOTX Application Server」に実装。サーバリソースの動的な負荷分散によって、システムの動作状況を反映させたきめ細かな負荷制御が可能になるとしている。本機能は2008年1月より提供予定。

 また、WebOTX Application ServerとBIG-IP Local Traffic Managerを連携動作させるための設定方法や動作時の性能検証を行う導入ガイドを公開。これによりシステム導入時のリスク軽減、システム構築の容易化を実現するとしている。導入ガイドには、サーバリソースの動的な負荷分散設定の変更方法、NGNの標準技術となるSIPプロトコルの負荷分散とスケーラビリティの実現方法、WAN環境におけるWebアプリケーションの高速化手法などが含まれる。

ITmedia マーケティング新着記事

news075.png

Z世代の告白手段は「直接」が大多数 理由は?
好きな人に思いを伝える手段として最も多く選ばれるのは「直接」。理由として多くの人は...

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...