2008年01月11日 20時02分 公開
ニュース

MSA、電子メール検閲アプライアンスサーバのラインアップ変更と値下げを実施NEWS

電子メール検閲アプライアンスサーバ「MAIL PATROL」シリーズのラインアップを変更。2台パックモデルを標準モデルとする価格改定を実施

[ITmedia]

 MSAは1月11日、電子メール検閲アプライアンスサーバ「MAIL PATROL」シリーズのラインアップを変更し、RAID仕様をプラスした2台パックを標準モデルとする価格改定を発表した。

 MAIL PATROLは、企業の電子メール監査、アーカイブをオールインワンで行うことができるアプライアンスサーバ。保存メールの検索・閲覧、各種フィルタリング条件の設定、統計情報の確認と保存などをWebブラウザから行える。

 今回のラインアップ変更は、MAIL PATROL導入ユーザーのほとんどが2台パックオプションを採用している実績を製品ラインアップへ反映するもの。具体的には、障害時対応のためのコールドスタンバイ用マシンをセットにした2台パック(RAID 1構成)が標準モデルとなり、また最大30%の値下げを実現している。価格は「MP2150-2台パック(RAID 1構成)」が140万円から、「MP2050-2台パック」が120万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...