2008年01月15日 20時34分 公開
ニュース

日本HP、Webブラウザ経由でファイルサーバを利用できるミドルウェアを発売NEWS

「HP IceWall File Manager 3.0」により、ユーザーにはWebブラウザからファイルサーバの共有ファイルを利用できる利便性を、管理者には内部統制強化につながるアクセス管理機能を提供

[TechTarget]

 日本ヒューレット・パッカードは1月15日、Webブラウザ経由でのファイルサーバ利用を実現する「HP IceWall File Manager 3.0」の販売を開始した。

 HP IceWall File Manager 3.0は、ファイルサーバとクライアントPCとの間でリバースプロキシとして動作するミドルウェア。ユーザーは、ドラッグ&ドロップなども可能なWebベースの操作画面でファイルサーバの共有ファイルにアクセスできる。また、管理者は役職などの権限に応じてファイルアクセスを許可する「アクセスコントロール機能」や各ユーザーの利用状況を把握する「アクセスログ管理機能」によって、ファイルサーバのセキュリティ強化と内部統制強化を実現できる。

 操作画面や機能を追加・変更するためのAPIが提供されており、企業のファイルサーバ環境に合わせた最適化が可能。

 最小構成価格は199万5000円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news030.jpg

コンテンツSEOでやらかしてしまいがちな3つの勘違い
ITmedia マーケティングで2021年3月に連載して多くの反響をいただいた「勘違いだらけのEC...

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...