2008年01月17日 19時59分 公開
ニュース

エムオーテックス、ネットワークセキュリティ管理ツール「LanScope」の内部統制機能を強化NEWS

ネットワークセキュリティ管理ツールの最新版「Cat6」をリリース。アプリケーションのID、パスワードのログ化を実現

[TechTarget]

 エムオーテックスは1月17日、ネットワークセキュリティ管理ツールの最新版「LanScope Cat6」の販売を開始した。

 最新版ではログ取得のデータベースにOracle Databaseを採用したほか、ログインが必要なアプリケーションのID、パスワード、権限変更、操作のログ/レポート化を実現した。LanScope Cat6で作成したレポートはそのまま内部統制報告の監査報告書として使えるという。

 また、ブログや掲示板への投稿、Webブラウザへのファイルアップロードログ取得機能を追加し、禁止操作を行ったユーザーにはその旨をポップアップ表示する。さらに、ファイルトレース機能により、例えばあるユーザーが数カ月間に操作したファイルの全トレースや、ファイル名を指定しそのファイルを誰がどのように操作したかを調べることができる。

 価格は10ライセンスで39万4800円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...