2008年02月01日 18時49分 UPDATE
ニュース

NEWS住友電工システムソリューション、IT資産/セキュリティ統合管理アプライアンス「ManagementCore Apolis」を発売

汎用管理プラットフォーム「ManagementCore」をベースに構築した、ハード、ソフトおよび保守・サポートを統合したアプライアンス製品。IT統制とセキュリティ監査を同時にサポート。

[TechTarget]

 住友電工システムソリューションとシステムコーディネイトは2月1日、IT資産/セキュリティ統合管理アプライアンス「ManagementCore Apolis」を発表した。2月4日より販売を開始する。

 本製品は、汎用管理プラットフォーム「ManagementCore」をベースに構築した、ハード、ソフトおよび保守・サポートを統合した製品。企業におけるIT資産の把握からセキュリティ監査までサポートする。

 インベントリ管理、パッチ管理・ソフトウェア配布、ライセンス管理、PC操作ログ・外部デバイス制御、不正接続検出・検疫システム、セキュリティ診断、統計レポートなどの機能を搭載。診断機能によりセキュリティ状態の把握を可能にし、レポート機能により傾向や兆候の把握を視覚的にサポートするとしている。

 価格は50ライセンスで150万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news049.jpg

買い物場所の使い分け調査2019――日本能率協会総合研究所
コンビニエンスストア、ドラッグストア、100円ショップなど業態別利用実態と「そこで買う...

news060.jpg

セブン&アイが自社にデータドリブンカルチャーを醸成するために使う「Tableau Blueprint」とは?
データドリブン組織を実現するための標準的な計画手順、推奨事項、ガイドラインをまとめ...

news118.jpg

「スーパーアプリ」の台頭がアジアのモバイルファイナンス成長を後押し――AdjustとApp Annieが共同調査
AdjustはApp Annieと共同で「モバイルファイナンスレポート2019」を発表しました。