住友電工システムソリューション、IT資産/セキュリティ統合管理アプライアンス「ManagementCore Apolis」を発売NEWS

汎用管理プラットフォーム「ManagementCore」をベースに構築した、ハード、ソフトおよび保守・サポートを統合したアプライアンス製品。IT統制とセキュリティ監査を同時にサポート。

2008年02月01日 18時49分 公開
[TechTarget]

 住友電工システムソリューションとシステムコーディネイトは2月1日、IT資産/セキュリティ統合管理アプライアンス「ManagementCore Apolis」を発表した。2月4日より販売を開始する。

 本製品は、汎用管理プラットフォーム「ManagementCore」をベースに構築した、ハード、ソフトおよび保守・サポートを統合した製品。企業におけるIT資産の把握からセキュリティ監査までサポートする。

 インベントリ管理、パッチ管理・ソフトウェア配布、ライセンス管理、PC操作ログ・外部デバイス制御、不正接続検出・検疫システム、セキュリティ診断、統計レポートなどの機能を搭載。診断機能によりセキュリティ状態の把握を可能にし、レポート機能により傾向や兆候の把握を視覚的にサポートするとしている。

 価格は50ライセンスで150万円から。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

Threadsで目立つ投稿をするには? Metaがフィードアルゴリズムの仕組みに関する洞察を公開
X(旧Twitter)に変わるものとして期待されるMetaの短文投稿SNS「Threads」。Metaが公開...

news061.jpg

マーケターの87%は自分の仕事が生成AIなどのテクノロジーに取って代わられることを懸念――Gartner調査
Gartnerがマーケティング人材に関する調査を実施。環境的不確実性と技術的複雑性の中で、...

news058.jpg

Z世代が旅に求める「令和的非日常」とは?
JTBコミュニケーションデザインと伊藤忠ファッションシステムが、Z世代の旅に関する意識...