ラック、セキュリティリスク診断サービスをSaaS型で提供NEWS

ラックのJSOCに設置した脆弱性診断システムからユーザー企業のコンプライアンス診断を行うサービスを提供。サーバ、ネットワーク機器、クライアントPCの利用におけるITリスク管理が行える。

2008年02月20日 19時28分 公開
[TechTarget]

 ラックは同社のセキュリティ監視センター「Japan Security Operation Center」(以下、JSOC)に脆弱性診断システムを設置し、SaaS(Software as a Service)型で企業のセキュリティポリシーのコンプライアンス診断を行う「コンプライアンス管理サービス」を発表した。3月3日より提供を開始する。

 インターネットに公開されているサーバに加え、イントラネット内のサーバ、数千台規模のクライアントPCを検出し、それらに対し常に最新の脆弱性情報をベースにしたセキュリティ診断が可能。スキャンエンジンには米クォリスのリモート診断ソフトウェア「QualysGuard」を採用し、診断ログデータはJSOC内に保管される。また、診断結果は専用のWebポータルを介して提供される。

Webポータルに登録した機器のIPアドレス/診断スケジュールに基づいて診断作業を実施する。イントラネット内の診断対象については、専用スキャナを経由して診断作業を実施する《クリックで拡大》

 なお、メニューにはラックのセキュリティ専門家が診断からコンサルティングまでを実施する「プロフェッショナル診断サービス」と、ユーザー自身がWebポータル上で診断を実施する「セルフ診断サービス」を用意。どちらも年間契約で、価格はプロフェッショナルサービスが2000万円から、セルフサービスが50万円(10IP、テクニカルQAサポート付きの場合)から。

ITmedia マーケティング新着記事

news101.jpg

郵送業務を電子化する理由 3位「テレワークへの対応」、2位「業務の迅速化・省力化」で1位は?――リンクス調査
キャンペーンのお知らせや新商品の紹介のダイレクトメールなど、個人宛てに送付する郵便...

news172.png

WACULが「AIアナリストSEO」を大幅刷新 コンテンツ作成×外部対策×内部対策×CVR改善をワンストップで支援
月額30万円でAI技術を活用したコンテンツ制作、約4万サイトの支援データ、熟練コンサルタ...

news150.jpg

SFAツール「Kairos3 Sales」にモバイルアプリ版 訪問営業の生産性向上へ
モバイルアプリ上で、リアルタイムで営業活動の確認・記録が可能になる。