2008年03月26日 19時47分 公開
ニュース

アイベクス、サーバOS上の不正操作を追跡するログソフトを発売NEWS

独自のログ生成技術により、従来のイベントログ方式では不可能だった正確なサーバコンソール操作情報の記録を可能にする「IVEX Meta Logger for Server」を発売した。

[TechTarget]

 ネットワールドとアイベクスは3月26日、Windows Server向けログソフト「IVEX Meta Logger for Server」(以下、IML for Server)の販売を開始した。標準のイベントログでは記録できないアプリケーション操作や外部記憶メディアへのファイルコピーといった不正な操作をリアルタイムに記録することができる。

 IML for Serverはアイベクスが開発した製品で、操作情報を記録したいサーバへインストールするエージェントソフトとログを保存するログデータベースで構成されている。

 ログ方式にはアイベクス独自の「メタログ方式」を採用。メタログはマイクロソフトのActive Directoryに完全準拠したログ方式で、ログ情報の主体を端末ではなくOSログインユーザーとすることで、1台の端末を複数ユーザーが同時使用できるサーバOS上でのユーザー操作の追跡を可能にしている。

 また、複数サーバの操作ログを1カ所で集中管理でき、操作情報の改ざんができないようになっている。さらに、OS標準機能では取得できない外部記憶装置への操作情報も記録することができ、USBメモリや同一ネットワーク内のPC、ストレージへのデータコピー履歴を追跡可能だ。

 なお、本製品はアイベクスのWebサイトおよび販売代理店であるネットワールドを通じて販売される。価格はオープン価格。

関連ホワイトペーパー

サーバ | Windows Server | ログ管理


ITmedia マーケティング新着記事

news156.jpg

サイロ化の現実 75%の企業は部門間が連携せず、むしろ競争関係にある――Accenture調査
デジタル変革(DX)における不十分な事業部間連携は業績低下につながるというAccentureの...

news052.png

ゲーム業界がコロナ禍でTwitterを活用したコミュニケーションに注力した理由
コロナ禍において「巣ごもり消費」が拡大し追い風が吹いているといわれるゲーム業界だが...

news139.jpg

コロナ禍の観光に見える20の兆しとは? TBWA HAKUHODOなどが「観光復興ガイド」を公開
SNS上の旅行に対する価値観の激しい変化を分析し、そこから見えた20の新たな兆しとその後...