2008年07月04日 20時09分 公開
ニュース

エムアイシー・アソシエーツ、消費電力を40%低減する機能をRAIDストレージに追加NEWS

英XyratexのRAIDシリーズに「RAID Advanced Power Management(APM)」 機能を実装。アクセス状況でHDDの回転を自動制御することにより消費電力を40%削減するという。

[TechTargetジャパン]

 エムアイシー・アソシエーツは7月4日、英XyratexのRAIDシリーズに「RAID Advanced Power Management(APM)」 機能を実装することを発表した。

 RAID APMは、ストレージシステムがオンラインで利用可能状態のまま、必要とされる電力消費量を削減することができる。設定された時間内にRAID装置内のドライブがアクセスされない場合、ディスクドライブの回転を自動的に停止する。また、スケジュールのカスタマイズが可能なパトロール機能により、現在スピンダウンしているドライブは直ちにコマンドの要求に答えスピンアップするよう常にチェックされる。また、障害のあるアレイを再構築している場合や、イニシャライズされている場合、スナップショット機能に使われている場合など、すぐにアクセスが開始されるようなドライブには省電力ポリシーを適用しない。RAID APMの実装により電力消費を40%削減でき、グリーンITの推進が可能だとしている。

 同社が扱うすべてのXyratexのRAIDシリーズ(FC-SAS/SATA RAIDシステム「F6412E」、FC-SATA RAIDシステム「F5404E」、FC-SAS/SATA RAIDシステム「F5412E」、RAID SAS-SAS RAIDシステム「E5412E」)がRAID APMを実装し、7月初旬より出荷される。

関連ホワイトペーパー

RAID | グリーンIT | 環境保護 | ストレージ


ITmedia マーケティング新着記事

news153.jpg

「広告をきっかけにアプリをダウンロード」 回答者の46%――Criteo調査
コロナ禍におけるアプリユーザー動向調査レポート。日本のモバイルアプリユーザーはコン...

news088.jpg

「ウェビナー疲れ」 参加経験者の約7割――ファストマーケティング調べ
ウェビナーに参加する目的や参加頻度など、ウェビナー参加者の最新動向に関する調査です。

news070.jpg

現金主義からキャッシュレス利用へのシフト 理由の一つに「衛生」も――クロス・マーケティング調査
キャッシュレス利用が顕著に増加。金額によって支払い方法の使い分けが定着しつつあるよ...