2008年07月28日 08時00分 公開
特集/連載

初メジャーリリース「openSUSE 11.0」試用リポート次期SUSE Linux Enterprise Serverはこうなる?

openSUSEプロジェクトが開発を進めているLinuxディストリビューションのメジャーリリース「openSUSE 11.0」が公開された。どのようなディストリビューションに仕上がっているのか、見てみよう。

[北浦訓行]

openSUSEとは

 「openSUSE」は、Novellがスポンサードするオープンソースコミュニティーによって開発されているLinuxディストリビューションである。openSUSEの成果は、Novellが発売する「SUSE Linux Enterprise Server」(以下、SLES)および「SUSE Linux Enterprise Desktop」(以下、SLED)に取り入れられる。従って、今回リリースされたopenSUSE 11.0によって次期SLESの動向を占うことができる。

 openSUSEは、プロジェクト開始当初のリリースである10.0から、10.1、10.2、10.3へと着実にアップデートしてきた。バージョン11.0のリリースは、openSUSEプロジェクトが発足してから初めてのメジャーアップデートとなる。11.0のリリースに際しては、約200の新機能が搭載されているが、主な改良点を挙げるなら以下の2点だ。

  • インストーラの改善によるインストール作業の簡便化
  • パッケージ管理ライブラリの高速化

 これらの改良点以外に、KDE 4やGNOME 2.22、Firefox 3(DVDに収録されているのはβ5)、OpenOffice.org 2.4などの最新ソフトウェアが収録されている。また、Linuxディストリビューションとして初めて、マルチメディアプレーヤーのBanshee 1.0も搭載している。主な収録ソフトウェアのバージョンについては、表1を参照していただきたい。

表1 OpenSUSE 11.0の主な収録ソフトウェア
ソフトウェア バージョン
カーネル 2.6.25.5
デスクトップ環境(KDE) 4.0.4
デスクトップ環境(GNOME) 2.22.1
コンパイラ(GCC) 4.3
Cライブラリ(glibc) 2.8
セキュアOS(AppArmor) 2.3
Webサーバ(Apache) 2.2.8
メールサーバ(Postfix) 2.5.1
メールサーバ(sendmail) 8.14.3
データベース(MySQL) 5.0.51a
データベース(PostgreSQL) 8.3.1
ファイル共有(Samba) 3.2.0
仮想マシン環境(Xen) 3.2.1
システム管理(YaST2) 2.16.71

関連ホワイトペーパー

Fedora | Red Hat(レッドハット) | SUSE


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

東京五輪を「訪日観戦したい」 中国58.4%、米国21.0%――ブレインパッド調べ
東京五輪に関して世界の2大国で意識調査。米中ともに約半数が東京五輪の開催を希望してお...

news152.jpg

「SFKETO」メンバーが語るMAとSFA連携 レベニュー組織の成果を最大化させるために必要なこととは?
「Marketo Engage」とSalesforceの両方を使う人々が集うコミュニティー「SFKETO(セフケ...

news141.jpg

「営業電話が世界で激減」「チャット利用急増」など コロナ禍のB2Bマーケ&営業の現状――HubSpot調べ
問い合わせに使われるチャネルの変化や案件の成約数など、HubSpotの顧客データで読むコロ...