日本HPとUBICが協業、企業向けにデジタル犯罪調査・解析パッケージNEWS

フォレンジックソフトをプリインストールしたHPのワークステーションを低価格で提供、民間企業におけるデジタル犯罪行為の未然防止に役立てる。

2008年07月30日 18時50分 公開
[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードとUBICは7月30日、デジタルフォレンジック(デジタルデータの証拠保全や調査/分析)分野での協業を発表した。UBICのフォレンジックソフトウェア「AccessData Forensic ToolKit 2.0」とHPの高性能ワークステーションを統合したパッケージ「フォレンジックワークステーションモデル」2種を同日より提供開始する。

画像 モバイルフォレンジックキット
画像 ワークステーションパッケージ

 パッケージはワークステーション、フォレンジックソフト、モバイル用途のスーツケースなどで構成。大量の証拠データを高速処理できる高性能ワークステーションを採用することにより、汎用PCのハイエンドモデルでは実現できなかった高速で安定的なデジタル犯罪捜査における調査・解析が可能になった。両社は、警察や官公庁で導入実績のあるフォレンジックソフトや専用ハードをパッケージして低価格で提供し、自社内にPCからの情報漏えい事件などデジタル犯罪調査機能を置きたい民間企業のニーズに応える。

 価格は、インテル Core2 Duo T9300/T8100プロセッサを搭載したモバイルワークステーションを用いた現地調査向け「モバイルフォレンジックキット」が250万円から、HP xw6600 WorkstationまたはHP xw4600 Workstationを用いた「ワークステーションパッケージ」が115万円程度から。UBICが販売窓口となり、フォレンジック用ファシリティ構築コンサルティングも行う。

ITmedia マーケティング新着記事

news071.png

営業現場のDX、「進んでいない」が7割――Sansan調査
Sansanが実施した「営業活動における実態調査」の結果を紹介します。

news088.jpg

「アドフラウド」の現実 広告費の4分の1が不正なインプレッションにかすめ取られている
「広告費のムダ」がなぜなくならないのか、広告費をムダにしないためにはどうすればいい...

news173.png

Google Cloud Platform (GCP)上に構築したデータ基盤をCDPに 「Rtoaster insight+」に新機能
ブレインパッドは、GCP上に構築したデータ基盤をCDPに進化させる新機能を「Rtoaster insi...