2012年02月28日 09時00分 UPDATE
特集/連載

ソフトバンクテレコム「ヘルスケアセミナー」リポート【後編】BCPや在宅医療に役立つスマートフォン活用

2012年2月3日開催された「ヘルスケアセミナー2012」では、医療機関のBCPや在宅医療における情報共有といった現場でのスマートフォンやクラウドなどの活用事例が紹介された。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]

 ソフトバンクテレコム主催の「ヘルスケアセミナー2012」が2月3日、東京都港区の明治記念館で開催された(関連記事:2012年は「地域包括ケア元年」 医療・介護連携の今後)。このセミナーでは、医療現場でのスマートフォンクラウドなどの活用事例が紹介された。本稿では、その中から名古屋大学医学部附属病院と桜新町アーバンクリニックの取り組みを紹介する。

医療ITにおけるBCPのポイント

photo 名古屋大学医学部附属病院の吉田氏

 名古屋大学医学部附属病院(以下、名大病院) メディカルITセンター長 吉田 茂氏は「iOSデバイスの医療現場における展開 〜ユーザーメイドシステムとの融合」と題した講演を行った。その中で、名大病院における「FileMaker」と「iPhone」「iPad」を活用したシステムを紹介した。

 名大病院では、富士通中部システムの「NeoChart」を基幹システムに採用。2006年にはFileMakerを病院全体に導入し、「名大の森」というFileMakerシステムを構築して両者を連携させる運用を行ってきた。さらに現在は「FileMaker Go for iPad」を導入し、FileMakerのデータベースをiPadで使用することなどにも取り組んでいる。

ITmedia マーケティング新着記事

news072.jpg

中高生のロールモデル消費 マスメディアより友人の話が情報源――大広・日本インフォメーション調査
ポストゆとり世代・ポストミレニアル世代である15〜18歳の中高生を対象に、多様化する価...

news142.jpg

「スタディサプリ」「メチャカリ」「BASE FOOD」「THEO」 サブスク型ビジネスにおける広告戦略
サブスクリプションビジネスにおける広告戦略や新規顧客獲得について注目サービスを展開...

news057.jpg

男性が職場や学校、家庭で感じている「生きづらさ」について――Lean In Tokyo調べ
実は少なくない男性が生きづらさを感じているという調査結果です。