2012年03月02日 09時00分 公開
特集/連載

オープンソースのPaaSはなぜ注目されるのか 〜Open PaaSの魅力と課題「Proprietary PaaS」と「Open PaaS」の違い

2012年は“Open PaaS元年”として、Open PaaSを採用したクラウドサービスの登場が予想される。なぜ今Open PaaSが注目されるのか、そもそもOpen PaaSとは何か、Open PaaSの仕組み、最新動向を解説する。

[林 雅之,NTTコミュニケーションズ]

本格的な成長期を迎えるクラウドサービス市場

 国内クラウドサービス市場は本格的な成長期を迎えている。調査会社のIDC Japanが2011年11月9日に発表した「国内クラウドサービス市場予測」によると、2010〜2015年の年間平均成長率は41.2%、2015年の市場規模は2010年比5.6倍の2550億円と予測している。

 IaaS(Infrastructure as a Service)およびPaaS(Platform as a Service)は、消費者向けインターネットサービスの基盤、特定アプリケーションのカスタマイズ開発・実行、新規Webアプリケーションの開発・実行環境として高い成長を遂げている。特に2012年は前年比の成長率が約50%と2010〜2015年予測の中で最も高く、中でもPaaS市場は急速な拡大が見込まれている。

「Proprietary PaaS」と「Open PaaS」

 ここ数年、各事業者からIaaSが提供され、価格競争による低価格化とコモディティ化が急速に進んでいる。IaaSレイヤーにおいては、Amazon Web ServicesのAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)の他、OpenStack、CloudSackといったオープンソースのクラウド基盤ソフトウェアを採用する事業者が増え、仮想マシンは汎用的なITインフラストラクチャとなりつつある。

 そのため、IaaSレイヤーでのサービスの差別化が困難な状況になりつつあり、今後のクラウドサービスの主戦場はPaaSレイヤーに一部シフトしていくと予想される。PaaSはIaaSと比べて、サーバ、ネットワーク、セキュリティの知識が不要で、構築や管理が容易で、SaaSよりもアプリケーションの自由度の高いことが特徴である(関連記事:今さら聞けない! 各種クラウドサービスの違い)。

ITmedia マーケティング新着記事

news131.jpg

星野リゾートの「市場との対話の仕組み」とは?
新型コロナウイルス感染症(COVID-19)拡大という大ピンチに観光・宿泊業が生き残る鍵と...

news155.jpg

2020年上期インターネット広告市場動向と下期業種別出稿動向予測――サイバー・コミュニケーションズ調査
国内のデジタルマーケティング業界の関係者を対象にした、新型コロナ禍におけるインター...

news162.jpg

「ダークソーシャル」はユーザーの行動にどれだけ影響するか――ホットリンク調べ
DM(ダイレクトメッセージ)をきっかけとする消費者行動の実態とは。