2012年03月28日 16時00分 公開
ニュース

長崎医療センター、災害時の医療継続に向けたバックアップシステムを構築NEWS

プライベートクラウド型の医療機関向け災害対策ソリューションを利用し、遠隔地のデータセンターに電子カルテと医事会計システムのデータをバックアップするシステムを構築した。

[TechTargetジャパン]

 長崎県大村市にある独立行政法人 国立病院機構長崎医療センター(以下、長崎医療センター)と富士通は3月28日、被災時でも診療を継続するためのバックアップシステムを構築し、その運用を開始したと発表した。

 県内最大規模の病院である長崎医療センターは、高度総合医療施設として県外からの患者も受け入れており、年間の入院患者総数は約1万2800人、1日の外来患者数は約800人。地域の拠点病院としての役割を果たすため、電子カルテシステムの導入や地域医療連携「あじさいネットワーク」への参加など、これまで積極的にICTを活用して医療の高度化と効率化を図ってきた(あじさいネットワーク関連記事:継続的な地域医療連携を進める上での課題)。

 今回構築したバックアップシステムは、富士通のプライベートクラウド型の医療機関向け災害対策ソリューション「HumanBridge BCPソリューション」を利用。富士通によると、作業開始からわずか1カ月で構築を完了したという(関連記事:クラウドサービスでより広域な医療連携に対応する富士通)。

photo バックアップシステムのイメージ

 長崎医療センターでは、電子カルテの診療データを医療情報の標準規格「SS-MIX」に準拠したデータ形式でリアルタイムに抽出し、遠隔地のデータセンターにネットワーク経由で保管している。また、電子カルテと医事会計システムのバックアップデータを1日に1回データセンターに送信している。さらに電子カルテの参照ビュワーを装備しているため、被災時には避難所や他の医療機関からでもインターネット経由でバックアップシステムに保存されている診療データを参照できる。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...