2012年04月13日 18時44分 公開
ニュース

こんなツメ、以前作ったけどどこにある? が分かるCAD図面検索技術が登場NEWS

「図面流用したいけれど、検索機能が不十分で使えない……」という問題を解消すべく、富士通研究所など2社がCAD図面の一部形状の類似性を評価できる仕組みを開発した。検索時間短縮でモノづくりは面白くなる?

[TechTargetジャパン]

 富士通研究所および富士通研究開発中心有限公司は2012年4月12日、3次元CAD図面の一部で形状が類似したものを検索できる技術を開発したと発表した。2012年度中に富士通のPDM製品「PLEMIA」に搭載予定だという。

 設計部門では、実際の図面作成よりも、過去の類似図面検索に多くの時間が割かれる。新たに図面を作成するよりも過去の図面を流用した方が、品質や原価の検証が容易になることから、工数削減、開発リードタイム削減が見込める。

 図面の検索は部品番号や関連ドキュメントからのテキスト検索、ジオメトリ情報検索など、多様な方法があるが、現場設計者のニーズに十分に応えられていないものも少なくない。

 類似形状検索においても、図面全体の形状を比較して類似性を評価するものはあったが、同技術では一部を切り出して類似性を評価する仕組みを開発した。

 突起形状の情報などの特徴的な部分モデルごとに図面を自動分割し、分割した部分モデルの向きや大きさ、位置情報が異なっていても、特徴的な部分の形状が類似していれば検索結果に反映される。

部分形状検索の仕組み 部分形状検索の仕組み あらかじめ図面を形状ごとに分割して保持する(提供:富士通研究所)

 両社によると、1万のCADモデルを約10万の部分モデルに分割した環境で、部分類似検索を実施する実験では約3秒で結果を得られたという。

関連ホワイトペーパー

検索 | 富士通 | CAD | PLM


ITmedia マーケティング新着記事

news155.jpg

「エシカル」に積極的な企業は「良い印象」が9割以上――トレンダーズ調査
今後ますます注目が集まると考えられる「エシカル消費」。年代や性別ごとの意識の違いや...

news157.jpg

国内コネクテッドテレビ広告市場、2020年は102億円規模に――SMNとデジタルインファクト調査
テレビ同様の視聴体験を提供しつつインターネット広告同様に計測可能な国内コネクテッド...

news127.jpg

GAFAの序列変動やSpotify、Zoomなどの動向に注目 「Best Global Brands 2020」
世界のブランド価値評価ランキング。Appleは8年連続1位で前年2位のGoogleは4位に後退しま...