2012年05月17日 20時00分 公開
ニュース

退職給付会計が改正、2014年3月期から適用へ【IFRS】未認識項目を負債計上

日本の会計基準とIFRSとの差異を埋めるコンバージェンス活動の1つで「退職給付(ステップ1)」が完了した格好だ。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 企業会計基準委員会(ASBJ)は5月17日、改正企業会計基準「退職給付に関する会計基準」と、改正企業会計基準適用指針「退職給付に関する会計基準の適用指針」を公表した。日本の会計基準とIFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)との差異を埋めるコンバージェンス活動の1つで「退職給付(ステップ1)」が完了した格好だ。

 基準は、未認識数理計算上の差異および未認識過去勤務費用を、税効果を調整の上で貸借対照表の純資産の部(その他の包括利益累計額)で認識し、積み立て状況を示す額(退職給付債務と年金資産額の差額)をそのまま負債(または資産)として計上する。他に退職給付債務、勤務費用の計算方法も見直された。また、開示の拡充についても言及している。

 未認識項目の負債計上は当面は連結財務諸表のみを対象とする。適用は、未認識項目の負債計上については2014年3月期にかかる連結財務諸表から。退職給付債務、勤務費用の計算方法の見直しについては、2014年4月1日以後開始する事業年度の期首からなどとなる。

 2011年6月に公表されたIFRSの改訂IAS第19号「従業員給付」を受けたステップ2の審議については、スケジュールがまだ決まっていない(ご指摘を受け、修正しました。2012年5月18日午前3時)。

ITmedia マーケティング新着記事

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...

news178.jpg

Netflixはこれからどう稼ぐつもり?
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...