2012年05月22日 20時00分 UPDATE
ニュース

ガバナンス、リスク、コンプライアンスデロイト トーマツ、「GRC」の体験ラボを開設

IT製品だけではなく、デロイトが蓄積してきたリスク関連サービスの方法論なども試すことができる。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 デロイト トーマツ リスクサービスは「GRC」(ガバナンス、リスク、コンプライアンス)に関連するIT製品やサービスを試すことができるネット上の「GRCソリューションラボ」を開設したと5月17日に発表した。IT製品だけではなく、デロイトが蓄積してきたリスク関連サービスの方法論なども試すことができるという。

 同社の代表取締役社長 久保恵一氏はラボの開設について「企業においてリスク管理のカバレッジが広がっている。だが、ツールがないと効率的な対応が難しく、徹底しづらい。そのツールをスムーズに導入するための取り組みだ」と説明した。また、同社 パートナーの丸山満彦氏は、「経営者はリスクやコンプライアンスについてリアルタイムに、さまざまな切り口で知ることが求められている。欧米を中心にGRCソフトウェアの導入が進んでいる」と話した。

ik_tt_01.jpg
ik_tt_02.jpg デロイト トーマツ リスクサービスの代表取締役社長 久保恵一氏(上)と同社 パートナーの丸山満彦氏

 ラボはクラウドインフラの「Amazon Web Services」上に構築されている。利用者は「IBM OpenPages」「RSA Archer eGRC Suite」の2つのGRCソフトウェアを試用可能。デロイトはソフトウェアだけではなく、リスク関連のノウハウや方法論をパッケージした「テンプレート」を用意し、利用者がシナリオを想定して、GRCソフトウェアを試すことができるようにしている。開設時には「ITコンプライアンス対応の効率化」「グローバル製造業向けエンタープライズリスクマネジメント(ERM)」の2つのテンプレートを用意する。

 ラボではクラウド上に利用者が専用の環境を作ることができる。デロイトでは顧客のニーズに応じて、オラクルやトムソン・ロイターなど他社のGRCソフトウェアのラボへの追加も検討するという。同社はGRCソリューションについて2年間で20社への導入を目指す。

ITmedia マーケティング新着記事

news019.jpg

匿名加工情報とは何か、内容まで知っている人はたった3%台――データサイエンティスト協会調査
一定のルールの下であれば本人の同意がなくても利用できる匿名加工情報ですが、現状では...

news054.jpg

Googleによる買収で話題の「Looker」は他のBIとどこが違うのか
変化するニーズを捉えたユニークなBI製品を提供して注目を集めるLooker。その特徴をまと...

news016.jpg

リテールテックのTraxが日本市場に本格参入 画像認識で店舗の棚を見える化
店舗の商品棚の前で撮影した写真を機械学習で画像認識し、在庫状況や商品棚上のシェア、 ...