2012年06月01日 09時00分 公開
特集/連載

iPadは仮想デスクトップクライアントとして使える? 使えない?顧客対応スタッフのウケは良かったが

iPadはVDIクライアントとしてデスクトップ端末に取って代わる存在になり得るか。顧客サービスセンターへの導入で成功した事例とともに、残る課題を考えた。

[Alastair Cooke,TechTarget]

 iPadをVDI(Virtual Desktop Infrastructure)クライアントとして有効に活用できるのは、一部のユースケースに限られる。だが、そのシナリオが適切であれば、iPadによってモビリティと生産性を向上させることができる。

 iPadが優れたVDIクライアントになり得る第一の理由は、現在のタブレットが、数年前のデスクトップPCに匹敵する画面解像度を提供することだ。iPadのディスプレーは、デスクトップアプリケーションをユーザーに表示するタスクに対応できる。また、モバイルネットワークが2Gから4Gに移行しており、LAN並みの通信速度が得られるようになっている。このように、ノートPC以外の端末から企業デスクトップへのモバイルアクセスに必要な要素がそろってきていると考えられる。

誰がiPadをVDIクライアントとして使うか

 しかし、iPadの社内展開を始める前に、社内の誰がiPadを必要としているかを見極めなければならない。一部の企業では、勤務時間が一定でなく、いつ呼び出されるか分からない従業員がそうだ。経営幹部、プロジェクトマネジャー、オンコールスタッフ、カンファレンスの現地担当者が明らかなユーザー候補といえる。こうした社員は、iPadをどこにでも持ち歩き、一般にノートPCを常に携帯することを好まない。彼らはiPadを使ってVDIセッションに接続し、すぐにWindowsデスクトップにアクセスできる。

 多くの人にとってiPadデスクトップは、適切なキーボードとマウスで大きな画面にアクセスできないときに使う、セカンダリVDIクライアントという位置付けになる。だが、通常はノートPCやiPadを持たず、デスクに向かってPCを使っている社員にとってはどうだろうか。

ITmedia マーケティング新着記事

news014.jpg

「マーケティングオートメーション」 国内売れ筋TOP10(2021年8月)
マーケティングオートメーション(MA)ツールの顧客ドメイン数ランキングを紹介します。

news101.jpg

「日本企業的DX」の神髄(無料eBook)
「ITmedia マーケティング」では、気になるマーケティングトレンドをeBookにまとめて不定...

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。