2013年02月07日 20時00分 UPDATE
ニュース

【IFRS】グループ経営の効率性を高める狙い旭硝子がIFRSを任意適用、2013年12月期から

IFRSによる連結財務諸表の開示は2013年12月期通期の決算発表から。2013年12月期の第1四半期から第3四半期までは日本の会計基準で開示する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 旭硝子は2月7日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を2013年12月期決算から任意適用すると発表した。ガラス業界では日本板硝子がIFRSを既に任意適用している。

 IFRSによる連結財務諸表の開示は2013年12月期通期の決算発表から。2013年12月期の第1四半期から第3四半期までは日本の会計基準で開示する。

 旭硝子は建築や自動車、ディスプレー向けのガラスや、電子部材、化学品などの事業を世界30カ国で展開。IFRSを適用することで世界の競合との比較可能性が高まると同時に、グループ内での意思決定や業績評価の効率が高まるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news044.jpg

大日本印刷の山口圭介氏が次世代のマーケターに伝えたい「生き方」と「働き方」
B2Bマーケター注目のイベント「Bigbeat LIVE」が2019年8月2日に開催される。そこに登壇す...

news096.jpg

HubSpotが無料のCRMを強化、メール配信と広告管理機能を提供
無料で使える「HubSpot CRM」に、メールマーケティング機能と広告機能が加わった。

news045.jpg

フリーランス活用職種トップ3は「デザイナー」「エンジニア」「動画制作」――ランサーズ調査
ランサーズが企業を対象に実施した「外部人材(フリーランス)活用実態調査」によると9割...