2013年02月07日 20時00分 公開
ニュース

旭硝子がIFRSを任意適用、2013年12月期から【IFRS】グループ経営の効率性を高める狙い

IFRSによる連結財務諸表の開示は2013年12月期通期の決算発表から。2013年12月期の第1四半期から第3四半期までは日本の会計基準で開示する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 旭硝子は2月7日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を2013年12月期決算から任意適用すると発表した。ガラス業界では日本板硝子がIFRSを既に任意適用している。

 IFRSによる連結財務諸表の開示は2013年12月期通期の決算発表から。2013年12月期の第1四半期から第3四半期までは日本の会計基準で開示する。

 旭硝子は建築や自動車、ディスプレー向けのガラスや、電子部材、化学品などの事業を世界30カ国で展開。IFRSを適用することで世界の競合との比較可能性が高まると同時に、グループ内での意思決定や業績評価の効率が高まるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...