2013年02月07日 20時00分 公開
ニュース

旭硝子がIFRSを任意適用、2013年12月期から【IFRS】グループ経営の効率性を高める狙い

IFRSによる連結財務諸表の開示は2013年12月期通期の決算発表から。2013年12月期の第1四半期から第3四半期までは日本の会計基準で開示する。

[垣内郁栄,TechTargetジャパン]

 旭硝子は2月7日、IFRS(国際財務報告基準、国際会計基準)を2013年12月期決算から任意適用すると発表した。ガラス業界では日本板硝子がIFRSを既に任意適用している。

 IFRSによる連結財務諸表の開示は2013年12月期通期の決算発表から。2013年12月期の第1四半期から第3四半期までは日本の会計基準で開示する。

 旭硝子は建築や自動車、ディスプレー向けのガラスや、電子部材、化学品などの事業を世界30カ国で展開。IFRSを適用することで世界の競合との比較可能性が高まると同時に、グループ内での意思決定や業績評価の効率が高まるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...