2013年04月24日 17時00分 公開
ニュース

電子カルテとレセコンのクラウドサービスを相互連携、LSCとサイバーリンクスNEWS

両社が販売するクラウド型の電子カルテ、レセプトコンピュータを相互連携することで、在宅医療などの院外における医療活動を支援するという。

[TechTargetジャパン]

 ライフサイエンス コンピューティング(LSC)とサイバーリンクスは4月24日、医療クラウド事業での業務提携を発表した。LSCが開発販売しているクラウド型電子カルテ「OpenDolphinクラウド」と、サイバーリンクスが提供しているクラウド型レセプトコンピュータ「クラウドORCA」を相互連携し、両社の販路を活用してさらなる普及を目指すという(関連記事:SaaS形式でも活用できる低コスト電子カルテ「DolphinPro」)。

 OpenDolphinクラウドは、オープンソースの電子カルテ「OpenDolphin」をクラウド化したサービス。また、クラウドORCAは日本医師会が開発した電子レセプトソフト「日医標準レセプトソフト」(ORCA)をクラウド化したサービス(関連記事:なぜ、医療クラウド市場は急速に拡大しているのか?)。両社はともにクラウド型サービスを提供するという強みを生かし、今後ますます重要性が増す在宅診療など、院外の医療現場をサポートするとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

孫消費急減、女性のLINE利用増――ソニー生命「シニアの生活意識調査2020」
毎年恒例の「シニアの生活意識調査」。2020年のシニアの傾向はどうなっているでしょう。

news137.jpg

米大統領選を巡る「アプリ対決」のゆくえ 「Trump 2020」 vs. 「Vote Joe」と「TikTok」 vs. 「Triller」
米国では2020年月の大統領選挙を前に選挙戦がますます活発化しています。関連するアプリ...

news143.jpg

店舗の滞在時間が減少、「20分未満」が約1.5倍に――凸版印刷とONE COMPATHが5万人買い物調査
電子チラシ「Shufoo!」を利用する全国の男女5万人を対象に実施した買い物に関する意識調...