2013年07月05日 22時00分 公開
ニュース

Nexsanストレージの投入でエンタープライズ市場に進出、イメーションNEWS

イメーションがNexsanストレージの国内展開を開始。専任部隊を新たに設置し、製品の普及・拡販体制を構築した。

[翁長 潤,TechTargetジャパン]
photo イメーションの高橋氏

 イメーションは7月4日、米Imationが2013年1月に統合した米Nexsanのストレージ事業を7月中旬から国内で展開すると発表した。

 イメーションのコマーシャル製品事業本部 取締役本部長 高橋秀明氏は、「当社はこれまでのSMB(中堅・中小企業)向けストレージ製品を提供してきたが、Nexsonのストレージ製品をポートフォリオに加えることでエンタープライズストレージ市場にも本格進出する」と語った(関連記事:RDX搭載でバックアップまで1台で解決するNAS「Data Appliance T5R」)。

 Nexsanは1999年に創業したストレージベンダーで、同社のストレージ製品は北米を中心に全世界で3万3000システムの導入実績を持つ。日本国内ではエヌ・シー・エル・コミュニケーションと伊藤忠ケーブルシステムの2社が統合以前から販売代理店となり、約1000システムが導入されてきた。

photo イメーションの渡辺氏

 イメーションは新たにNexsan専任部隊を自社に設置し、製品の普及・拡販体制を強化する。

 Nexsan専任部隊のビジネスリーダーを務める、ストレージ・ソリューション営業部 部長の渡辺浩二氏は「米国本社が日本市場を事業拡大の最重要地域に位置付けているとし、その協力を得ながら日本独自のプログラムの開発や海外での先行事例の紹介、VMwareやCommonValutなどのソフトウェアベンダーとの連携ソリューションなどの施策を実施する」と説明した。

 イメーションが提供する国内で提供するNexsanストレージは、SAN(Storage Area Network)ストレージ「NEXSAN E-Series」、NAS(Network Attached Storage)ゲートウェイ「NST5000」、アーカイブ専用ストレージ「ASSUREON」の3製品。

photo 「NEXSAN E-Series」(左)、「NST5000」(中央)、「ASSUREON」(右)のNexsanストレージ製品群
photo 引き出し型ディスクアレイ方式

 特に「NEXSAN E-Seriesは省スペースや省電力などの要件を求めるデータセンターに最適なストレージだ」という(渡辺氏)。その理由として、特許技術を用いて“高密度”“低振動”“低発熱”を実現している点を挙げている。

 NEXSAN E-Seriesでは、「Active Drawer Tehcnology」による引き出し型ディスクアレイ方式を採用し、ラックスペースを節約する高密度化を実現。また、HDDの故障原因の上位である“振動”“熱”の問題については、ディスクを向かい合わせにすることで回転による振動を相殺する「Anti-vibration Design」、広いエアスペースを確保することで冷却コストを削減する「Cool Drive technology」などで障害率を低減する。さらに、最大87%の電力消費できる5段階の「AutoMAID」機能を備えている。

 イメーションは代理店による販売を継続し、「Nexsanパートナープログラム」を提供するなどのパートナー支援を実施する。また、今後は医療、金融、データセンター事業、公共分野などに注力するとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news158.jpg

「リベンジ消費」は限定的、コロナ禍以前の状態に完全に戻ると考える人はわずか25%――野村総合研究所調査
コロナ禍が収束した場合の生活者の消費価値観や生活行動はどうなるのか。野村総合研究所...

news176.jpg

Teslaが成長率1位、LVMHグループ5ブランドがランクイン 「Best Global Brands 2021」
毎年恒例の世界のブランド価値評価ランキング。首位のAppleから10位のDisneyまでは前年と...

news056.jpg

「巣ごもり消費」で選ばれるブランドになる「シャンパンタワー型コミュニケーション戦略」のすすめ
「巣ごもり消費」はPRをどう変えたのか。コロナ禍における需要喚起に有効なB2C向けの統合...