RDX搭載でバックアップまで1台で解決するNAS「Data Appliance T5R」SMB向けストレージ製品紹介:イメーション

SMB企業におけるNASの採用が増えている。また、バックアップ対策をより少ないコストで実現したいという声も多い。イメーションはRDXカートリッジを活用するバックアップ機能を備えたNAS製品を提供する。

2012年09月21日 08時00分 公開
[富永康信,ロビンソン]

 現在のSMB向けストレージ製品市場はエンタープライズレベルの信頼性を保証した数千万円以上のクラスと、数十万円クラスのエントリーレベルNAS(Network Attached Storage)に二極化し、その中間をカバーする製品があまり存在しない。コストを掛けずに長期間の運用に耐えられる信頼性の高いストレージが望まれる中、その期待に応えられそうな製品がある。イメーションの「Data Appliance T5R」「Data Appliance R4」だ。

低コストでエンタープライズレベルの品質を

 Data Appliance T5Rは5基のHDDを内蔵できるタワー型筐体。5Tバイト(1Tバイト HDD 5基)と10Tバイト(2Tバイト HDD 5基)の2つのモデルが用意されている。また、同社が提供するカートリッジ型ストレージ「RDX」を搭載できる(詳細は後述)。Data Appliance R4は、1Uのラックマウント型筐体。内蔵HDDは4台(4Tバイト、8Tバイト)だが、電源の冗長化を標準実装しているのが特徴だ。

photo Data Appliance T5R(左)、Data Appliance R4(右)
photo イメーションの鈴木氏

 ともに「Intel Atom Processor D2700」の省電力タイププロセッサーとDDR3 RAM 2Gバイトを標準搭載。また、NASとiSCSI接続の両方に対応し、ギガビットイーサネットポート×2基、USB 3.0ポート×2基、eSATAポート×1基を備えている。さらにロードバランシング機能による負荷分散と、外付けディスクドライブを使ったバックアップ運用が可能だ。

 「エントリー型NASのほとんどが安価なデスクトップPC用HDDを採用しているのに対し、Data Applianceではエンタープライズストレージで使われる高性能・高信頼型HDDを搭載している。その分、I/O性能や耐久性に優れている」と語るのは、イメーション コマーシャル商品事業本部 マーケティング部 スケーラブルストレージ製品 テクニカルエキスパートの鈴木健一氏だ。

ITmedia マーケティング新着記事

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...

news051.jpg

新紙幣の発行、3社に1社が日本経済に「プラスの影響」と回答――帝国データバンク調査
20年ぶりの新紙幣発行は日本経済にどのような影響を及ぼすのでしょうか。帝国データバン...

news196.png

WPPとIBMが生成AIを活用したB2Bマーケティング領域で連携
IBMのビジネス向けAIおよびデータプラットフォームである「watsonx」の機能を「WPP Open...