2013年07月10日 08時00分 公開
特集/連載

ひとり情シスに贈る、頼れる販社/SIerの見分け方「ひとり情シス」課題別解決マニュアル【第2回】

頼れる人が少ない、あるいはいない“ひとり情シス”にとって、パートナーとなる販社/SIerは日々の負荷を左右する重要な存在だ。頼れる販社/SIerを探すにはどうすればいいのだろうか? 簡単・確実な選び方を紹介する。

[岩上由高,ノークリサーチ]

 前回はひとり情シスの現状を俯瞰した。第2回以降は前回触れた、以下の3つの課題を順番に詳しく見ていくことにする。

  • 課題1:販社/SIerとうまくコミュニケーションが取ることができず、自社が必要としているソリューションを提案してもらえない
  • 課題2:スマートデバイスの効果的な活用法が分からないことに加え、拠点に散在しているクライアントPCのトラブル対応で手いっぱいである
  • 課題3:クラウドコンピューティングを導入する価値が本当にあるかどうかの判断ができず、一方で個人向け無償クラウドの勝手な利用も不安である

 今回のテーマは「課題1:販社/SIerとうまくコミュニケーションを取ることができず、自社が必要としているソリューションを提案してもらえない」である。ひとり情シスは社内システムの運用管理だけでなく、ITソリューションを提供する販社/SIerとの窓口もこなさなければならない。逆に、そこで販社/SIerという社外の力をうまく活用できれば、負担を大きく軽減することも可能となる。

 そこで今回は「ユーザー企業は販社/SIerをどう評価しているか?」を尋ねた調査結果を基に、「提案段階」「見積もり段階」「保守/サポート段階」の各場面において、販社/SIerと賢く付き合うコツを探っていくことにする。

まずは幅広い商材を持ち、自社に関心を寄せてくれる会社を選ぼう

 以下のグラフは従業員数50人未満と、従業員数50人以上500人未満の企業に対し、ITソリューションの提案を受ける段階で「販社/SIerに対して満足している」または「不満に感じている事柄」を尋ねた結果のうち、従業員数によって差の大きい項目をプロットしたものである。

ITmedia マーケティング新着記事

news081.jpg

デジタルネイティブ世代の過半数は「消費にも自己表現」を意識――電通デジタル調査
コロナ禍でデジタルネイティブの消費行動や価値観が変化しているようです。

news044.jpg

企業SNSが炎上する理由 SDGs観点で考えてみると?
業務でSNSアカウント運用を担当している人に向け、SDGsの観点から、役立つノウハウをお伝...

news121.jpg

Z世代の情報源はSNSが断トツ、ただし信用度ではテレビ番組/CMに軍配――ネオマーケティング調査
1996〜2015年生まれの「Z世代」は何を情報源としているのでしょうか。