2016年12月14日 12時00分 公開
特集/連載

匿名ブラウザ「Tor Browser」で“身バレ”攻撃が発生、FBIが関与かMozillaのセキュリティ責任者が指摘

閲覧者のIPアドレスを隠匿する「Tor Browser」を狙った攻撃が明るみに出た。過去の捜査活動で取った手法との類似性から、FBIがこの攻撃に関与していたとの見方がある。

[Madelyn Bacon,TechTarget]
画像 「Torを使えば匿名性が確保できる」とは言い切れなくなっている

 Mozilla FoundationとTor Projectは、Webブラウザ「Tor Browser」のエンドユーザーの匿名性を解除する攻撃に使われていた脆弱(ぜいじゃく)性を修正した。Tor Browserは、匿名通信システム「Tor」(The Onion Router)を組み込んだWebブラウザだ。

 この脆弱性は、Tor BrowserのベースであるWebブラウザ「Firefox」に存在していたものの、それまで知られていなかった。TorはエンドユーザーのグローバルIPアドレスを秘匿する。だが今回の脆弱性を悪用すれば、攻撃者がJavaScriptとSVG(画像形式の一種)の悪質なソースコードを仕込んだWebページをエンドユーザーに読み込ませる手口によって、IPアドレスとMACアドレスを収集することが可能だった。

FBIの手法との類似性

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...