2018年02月01日 05時00分 公開
特集/連載

「Meltdown」と「Spectre」で明らかになったクラウドベンダーの対応能力サーバレス、PaaS製品が再注目される結果に(2/2 ページ)

[Trevor Jones,TechTarget]
前のページへ 1|2       

当初の予想ほどのパフォーマンス低下はない

 SpectreとMeltdownのもう1つの悪影響として危惧されているのは、パッチの適用によるパフォーマンスの低下だ。当初の予想では最大30%の処理速度低下が推計されたため、インターネットで不安の声が相次いだ。しかし、クラウドベンダー各社はこの推計を否定。ユーザーの代わりに膨大な数のサーバを管理するマネージドサービスベンダーも、大半のワークロード(システムの稼働状況)は影響を受けないと述べている。

 これからパフォーマンスの問題が発生し始めるかどうか、まだ分からないが、IT担当者たちの実感はベンダーの主張と一致しているようだ。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news052.jpg

メタバースが新たな戦場? コカ・コーラとペプシのライバル関係のこれからを占う
長年の間ライバル関係にある2つのブランドが、メタバースにおいて新たな局面を迎えている...

news090.jpg

FamilyMartVision × LIVE BOARDのクロスメディアパッケージ 首都圏で販売開始
店舗内と屋外のデジタルサイネージの連携で、来店率と購買率共に向上させることが期待で...

news073.jpg

「dポイント」を活用したデジタル販促ソリューション、D2Cが提供開始
約8900万人(2022年3月時点)が利用する「dポイント」を期間や用途を限定する形でインセ...