2018年03月07日 05時00分 公開
特集/連載

まずは自社ネットワーク状況を把握すること最適なネットワーク監視ツールの選び方 (2/2)

[Ed Tittle, Kim Lindros,TechTarget]
前のページへ 1|2       

ネットワーク監視ツールの分類

 ネットワーク監視ツールは中小企業を対象にする製品と、大手企業を対象にする製品に分類できる。また、オンプレミス型とクラウド型にも分類できる。中小企業は一般にパフォーマンスと可用性の監視が必要だ。さらに、簡単に使えることも欠かせない。つまり、ほとんど構成することなく動作し、問題が発生したときに通知するツールが求められる。大手企業の場合は、包括性と拡張性の高いツールが役に立つ。

 中小企業が必要とする全ての種類の監視に、優れたツールを利用できる。例えば、ネットワーク監視ツールを提供するPaesslerの「PRTG Network Monitor」は小規模ネットワーク用の無料バージョンを提供しており、大規模ネットワーク用の有料バージョンもある。企業のIT担当者向けサービスを提供するSpiceworksの「Spiceworks Network Monitor」とオープンソースのネットワーク監視ソフトウェアを提供するNagiosの「Nagios Core」も中小企業には人気だ。どちらも無料で利用できる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news037.jpg

2019年の消費増税前後で日本人の消費はどう動いたか――Criteo幹部が解説
若い世代を中心に増税前の消費は上昇したものの買われたのは低価格な日用品が中心。ECよ...

news063.jpg

過度なオンラインショッピングは「依存症」、感情に基づく広告etc. Gartnerの戦略的展望
Gartnerが発表した重要な戦略的展望トップ10からマーケティングやCX(顧客体験)に関わる...