2018年03月07日 05時00分 公開
特集/連載

最適なネットワーク監視ツールの選び方まずは自社ネットワーク状況を把握すること(2/2 ページ)

[Ed Tittle, Kim Lindros,TechTarget]
前のページへ 1|2       

ネットワーク監視ツールの分類

 ネットワーク監視ツールは中小企業を対象にする製品と、大手企業を対象にする製品に分類できる。また、オンプレミス型とクラウド型にも分類できる。中小企業は一般にパフォーマンスと可用性の監視が必要だ。さらに、簡単に使えることも欠かせない。つまり、ほとんど構成することなく動作し、問題が発生したときに通知するツールが求められる。大手企業の場合は、包括性と拡張性の高いツールが役に立つ。

 中小企業が必要とする全ての種類の監視に、優れたツールを利用できる。例えば、ネットワーク監視ツールを提供するPaesslerの「PRTG Network Monitor」は小規模ネットワーク用の無料バージョンを提供しており、大規模ネットワーク用の有料バージョンもある。企業のIT担当者向けサービスを提供するSpiceworksの「Spiceworks Network Monitor」とオープンソースのネットワーク監視ソフトウェアを提供するNagiosの「Nagios Core」も中小企業には人気だ。どちらも無料で利用できる。

前のページへ 1|2       

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

「ペプシチャレンジ」で煽られて焦ったコカ・コーラの“痛恨のやらかし”とは?
長年の間「コーラ戦争」を続けてきたCoca-ColaとPepsi。マーケティング施策でも切磋琢磨...

news149.jpg

デジタル化する顧客体験に関する消費者と企業の認識ギャップ――ナイスジャパン調査
問い合わせの初動としてインターネットやFAQ検索をする人が約8割。デジタルチャネルによ...

news042.jpg

気象データは近未来のデータ 予測に基づき「役に立つ」広告を届ける
気象データを活用することでどのような広告コミュニケーションが可能になるのか。海外の...