2021年03月24日 05時00分 公開
ニュース

遠隔操作ツール「TeamViewer」を悪用か 水処理施設が受けた不正アクセスとはTechTarget発 世界のITニュース

米国フロリダ州にある水処理施設がサイバー攻撃を受けた。攻撃者はリモートデスクトップツールを悪用し、同施設のシステムに侵入して水酸化ナトリウムを有害な値まで増やそうとした。

[Alexander Culafi,TechTarget]

関連キーワード

サイバー攻撃


 何者かが米フロリダ州の水処理施設のシステムに不正に侵入し、水道水を有害化しようとした。この不正アクセスに使われたのは、水処理施設の端末にインストールされていたリモートデスクトップツール「TeamViewer」だ。

 フロリダ州ピネラス郡保安官事務所によると、不正アクセスによる攻撃を受けたのは同州オールズマー市の水処理施設だ。「何者かが公共の安全を害することを狙った場合、水処理施設の管理システムのような脆弱(ぜいじゃく)なシステムが狙われる可能性がある」と同郡の保安官であるボブ・グァルティエリ氏は述べる。

攻撃者はリモートアクセスで水酸化ナトリウムの濃度を操作

 グァルティエリ氏によると、最初に侵入を検知したのは2021年2月5日の午前8時頃だ。水処理施設のオペレーターが、自身が監視するシステムを誰かが遠隔操作していることに気付いた。

ITmedia マーケティング新着記事

news023.jpg

「6G」の特許出願レースは中国がリード、日本は追い付けるか?
2020年台後半には実用化が始まるといわれる6Gの技術。日本は世界で存在感を示せるでしょ...

news016.jpg

「パーソナライゼーションエンジン」 売れ筋TOP10(2021年9月)
今週はパーソナライゼーション製品の売れ筋TOP10を紹介します。

news018.jpg

アフリカFinTech事情 初のキャッシュレス大陸への勢いが止まらない
FinTechのユニコーンが続々と生まれるアフリカ大陸。砂漠の南が燃えています。