2021年09月08日 05時00分 公開
特集/連載

不正に売られている「企業ネットワークへのアクセス権」の相場は?ダークWeb潜入レポート【前編】

闇市場の攻撃者フォーラムでは、企業のネットワークやデータへのアクセス権が不正に販売されている。アクセス権の価格や被害企業の傾向は。調査結果に沿って紹介する。

[Shaun Nichols,TechTarget]

 ネットワークやデータへのアクセス権の不正販売がビッグビジネスと化している。攻撃者が被害企業について沈黙を守っている限り、アクセス権の不正販売価格は1件当たり数千ドルに上ることもある――。こうした実態が、脅威インテリジェンスベンダーIntSights Cyber Intelligenceがまとめた報告書で明らかになった。IntSightsはダークWeb(特定の手段でしかアクセスできないWebサイト群)の攻撃者フォーラムサイトに長期間潜入。攻撃者によるネットワークアクセス権の不正販売46案件を分析した。

 IntSightsによる調査の結果、攻撃者が不正入手したアクセス権の価格には大きな幅があることが分かった。46件のうち販売者が価格を付けた40件のアクセス権について、販売価格の中間値と平均販売価格はそれぞれ、

ITmedia マーケティング新着記事

news154.jpg

ナイキ vs アディダス Z世代の心をつかむアプローチの違い
有名人や人気ファッションブランドとのコラボに加え、環境や社会問題への取り組みなど、...

news025.jpg

求心力のある変革ビジョンに必要な「PECの工夫」
変革ビジョンの策定に当たっては、その内容もさることながら「決め方や伝え方」に心を配...

news045.jpg

マーケティングDXをけん引するリーダーの役割
デジタルツールとデータを活用することで優れた顧客体験を提供するマーケティングDXの推...