2021年04月23日 05時00分 公開
特集/連載

攻撃者が集う闇市場「ダークWeb」では誰が何をやりとりしているのか?レポートと専門家の見解を紹介

セキュリティベンダーによる調査レポートで、ダークWebのフォーラムサイトの実態が明らかになった。誰が参加し、どのようなやりとりがなされているのか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 通常の手段ではアクセスできない「ダークWeb」のサイバー攻撃フォーラムサイトに寄せられる投稿の9割は、攻撃者ではなく、サイバー攻撃サービスを探している人による。これは産業向けセキュリティベンダーPositive Technologiesの調査で明らかになった事実だ。

 Positive Technologiesは、2021年2月に発表したレポート「Custom Hacking Services」で、「ダークWebで活発なフォーラムサイト10件」を公表し、これら10件のフォーラムサイトを調査した。同レポートは調査対象のフォーラムサイト自体を名指しせずに「Webサイトへの攻撃、データベースの売買、Webサーバへのアクセスといったサービスを提供している」フォーラムサイトだと説明する。レポートによると、これらのフォーラムサイトに登録しているアカウントの総数は800万件以上、作成されたトピックの総数は700万件以上、投稿の総数は8000万件以上に上る。

明らかになった闇市場「ダークWeb」の実態

ITmedia マーケティング新着記事

news024.jpg

CEOと従業員の給与差「299倍」をどう考える?
今回は、米国の労働事情における想像を超える格差について取り上げます。

news153.jpg

日立ソリューションズが仮想イベントプラットフォームを提供開始
セミナーやショールームなどを仮想空間上に構築。

news030.jpg

経営にSDGsを取り入れるために必要な考え方とは? 眞鍋和博氏(北九州市立大学教授)と語る【前編】
企業がSDGsを推進するために何が必要なのか。北九州市立大学の眞鍋和博教授と語り合った。