2021年04月23日 05時00分 公開
特集/連載

攻撃者が集う闇市場「ダークWeb」では誰が何をやりとりしているのか?レポートと専門家の見解を紹介

セキュリティベンダーによる調査レポートで、ダークWebのフォーラムサイトの実態が明らかになった。誰が参加し、どのようなやりとりがなされているのか。

[Alexander Culafi,TechTarget]

 通常の手段ではアクセスできない「ダークWeb」のサイバー攻撃フォーラムサイトに寄せられる投稿の9割は、攻撃者ではなく、サイバー攻撃サービスを探している人による。これは産業向けセキュリティベンダーPositive Technologiesの調査で明らかになった事実だ。

 Positive Technologiesは、2021年2月に発表したレポート「Custom Hacking Services」で、「ダークWebで活発なフォーラムサイト10件」を公表し、これら10件のフォーラムサイトを調査した。同レポートは調査対象のフォーラムサイト自体を名指しせずに「Webサイトへの攻撃、データベースの売買、Webサーバへのアクセスといったサービスを提供している」フォーラムサイトだと説明する。レポートによると、これらのフォーラムサイトに登録しているアカウントの総数は800万件以上、作成されたトピックの総数は700万件以上、投稿の総数は8000万件以上に上る。

明らかになった闇市場「ダークWeb」の実態

ITmedia マーケティング新着記事

news093.jpg

メディア総接触時間、「携帯電話/スマートフォン」が「テレビ」を上回り首位に
博報堂DYメディアパートナーズによる、生活者のメディア接触の現状を捉える年次調査の結...

news021.jpg

「運用型クリエイティブ」とは何か?
マーケティング施策としてのクリエイティブ改善に取り組むべき理由とは何か。クリエイテ...

news058.jpg

「コロナ禍が収束しても現在の生活を維持したい」 前年比5.2ポイント増加し61.5%に――博報堂調査
コロナ禍も約2年が経過し、マスク生活やテレワークなど新しい暮らしや仕事のスタイルがす...