Facebookの「顔認識技術」が物議を醸す“本当の理由”顔認識技術の行く末【後編】

顔認識技術は企業にさまざまなメリットをもたらすことも事実だ。にもかかわらず、Facebookの顔認識機能が物議を醸すのはなぜなのか。企業が顔認識技術を建設的に利用する上で意識すべきこととは。

2021年12月23日 08時15分 公開
[Esther AjaoTechTarget]

 Meta(旧Facebook)は、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)「Facebook」の顔認識機能を廃止する方針を2021年11月に発表した。この顔認識機能は、過去にプライバシーの観点で問題視され、訴訟も招いていた。

なぜFacebookの顔認識技術は、物議を醸すのか

 「Facebookは今、技術の倫理的利用が求められる中で、自社がどの分野で役割を果たせるのかを理解しようとしている」と、調査会社Constellation Researchのアナリスト、R・レイ・ワン氏は指摘する。ワン氏の見解では、Metaは「どうすれば人々の助けになることができるのか」「どうすれば人々に害を与えてしまうか」を模索している最中だ。

 例えば顔認識技術を利用して画像の説明文を生成して読み上げるFacebookの「自動代替テキスト」(ATT)機能について、「実際に視覚障害者の役に立っている」とワン氏は話す。Facebookは顔認識技術によってこうしたメリットを享受する一方、顔認識技術をどのように活用したいのか、どのように活用しようとしているのかを公言していない。「彼らが物議を醸しているのはそのためだ」とワン氏は指摘する。

 ワン氏は「顔認識技術が今後新たな役割を担うようになる」と予想する。企業は顔認識技術を従来と別の用途に転用するか、サービスの別の部分に組み込むようになると同氏は指摘。Metaが構築を進めている仮想的な3次元(3D)空間「メタバース」でも「顔認識技術が活躍する」とみる。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news102.jpg

矢野経済研究所「2024年版 デジタルコンテンツ市場動向調査」を実施
矢野経済研究所は、国内のデジタルコンテンツ市場を調査し、市場概況や主要企業動向を明...

news100.jpg

Salesforceの「Einstein Copilot」は他社のAIアシスタントと何が違うのか?
Salesforceが対話型AIアシスタント「Einstein Copilot(β版)」を日本市場で提供開始し...

news029.png

「サイト内検索」&「ライブチャット」売れ筋TOP5(2024年6月)
今週は、サイト内検索ツールとライブチャットの国内売れ筋TOP5をそれぞれ紹介します。