2022年05月18日 08時15分 公開
特集/連載

「AI」「自動化」が今度こそアナリティクスで使われる“根拠”とはアナリティクスはどう変わるのか【中編】

アナリティクスにAI技術や自動化技術を生かそうとする動きはこれまでもあった。ただし活用が広がっているとは言えない。それでも今度こそ活用が進むと考えているアナリストがいる。その判断の背景には何があるのか。

[Eric Avidon,TechTarget]

 複数の技術の相乗効果を利用することで、企業はビジネスユーザーがより簡単にデータを操作、分析して洞察を導き出せるようにできる。自動生成された洞察を必要なタイミングでビジネスユーザーに直接提供できるようにもなる。

 アナリティクスベンダーは何年も、自然言語処理(NLP)機能や自動機械学習(AutoML)機能といった、人工知能(AI)関連や自動化関連の機能を開発、強化してきた。ただし企業での導入はあまり進んでいない。

それでも「AI」「自動化」がアナリティクスで使われるようになる訳

 2021年に調査会社Dresner Advisory Servicesは2021年2月に公開したレポートで、ビジネスインテリジェンス(BI)関連技術としてのNLPの重要性に関する理解は広がっているものの、投資の優先順位はいまだに低いことを明らかにした。調査会社Prescient & Strategic Intelligenceが2021年11月に公開したレポートによると、世界のAutoML市場の規模は2020年時点では3億4620万ドル。2030年の予想規模148億3080万ドルからみればごくわずかだ。

 NLPやAutoMLによって、ソースコードを理解して記述する必要がなくなる。その結果、分析へのハードルが低くなる。それでもまだ、エンドユーザーはデータを探索し、機械学習モデルをトレーニングして独自の洞察を導き出す必要がある。

 AI技術や自動化技術をアナリティクスと組み合わせれば、もっと簡単に洞察を得られる。MicroStrategyは、洞察を得るためにあらゆる場所でBIの利用を可能にすることを目標とするベンダーだ。Qlik Technologiesも、同様の概念である「アクティブインテリジェンス」を可能にすることを戦略としている。

 「AI技術と自動化技術の使用は今後も続く」と、調査会社Forrester Researchのマイク・グアルティエリ氏は語る。「AIの利用により意思決定のスピードが上がり、デジタルビジネスプロセスの変革が実現するのが楽しみだ」とグアルティエリ氏は続ける。

TechTarget発 先取りITトレンド

米国TechTargetの豊富な記事の中から、最新技術解説や注目分野の製品比較、海外企業のIT製品導入事例などを厳選してお届けします。

ITmedia マーケティング新着記事

news194.jpg

残念なブランド体験で8割の顧客は「もう買わない」――Sitecore調査
消費者にとって不都合な事象が発生した際にも、ブランドを好きでいられるのは10人に1人。

news131.jpg

ナイキとアディダスに学ぶ ファンを増やす企業文化とは?
スポーツにおけるトップブランドの座を巡ってし烈な競争を繰り広げてきたナイキとアディ...

news046.jpg

DXにおける「コンサルティング力」とは?
DXが加速する中でコンサルティング人材へのニーズが高まっています。DXにおける「コンサ...