脱クラウドどころか「クラウドを使わない」が有力な選択肢に特選プレミアムコンテンツガイド

オンプレミスインフラにアプリケーションを戻す「脱クラウド」に踏み切る、クラウドサービスをあえて選択肢から外す――。こうした“クラウドサービス離れ”とも言える動きが広がりつつある。背景には何があるのか。

2023年05月26日 20時00分 公開
[TechTargetジャパン]
ダウンロードはこちら

 アプリケーションのインフラとして、クラウドサービスを優先的に選択する「クラウドファースト」は、インフラ選びの新しい考え方として急速に広がった。「なぜクラウドサービスを選ぶのか」は重要な検討課題ではなくなり、「クラウドサービスをどのように使うべきか」が主要な関心事となった。

 クラウドサービスを使うことが当たり前になった今、逆の動きが起こり始めている。いったんクラウドサービスに移したアプリケーションをオンプレミスインフラに戻す「脱クラウド」が、その最たる例だ。新たなアプリケーションのインフラを選ぶ際、クラウドサービスをあえて選択肢から外す動きもあるという。何が起きているのか。“クラウドサービス離れ”の背景を探る。


中身を読むには、「中身を読む」ボタンを押して無料ブックレットをダウンロードしてください。

ALT ダウンロードはこちら

「脱クラウド」する企業の言い分

ITmedia マーケティング新着記事

news176.jpg

「伊右衛門」「日清麺職人」「鍋キューブ」に見る2024年上半期食品・飲料トレンドは「うま濃い余韻」
食品メーカーの商品開発やマーケティング支援などを行う味香り戦略研究所は、2024年の食...

news076.jpg

オラクルが広告事業から撤退へ ポストCookie時代の業界地図は変わるか?
Oracleは「Responsys」「Moat」「BlueKai」などの買収を重ねて広告部門を構築してきた。...

news068.jpg

琉球泡盛「残波」「海乃邦」の海外展開を例に考える日本のブランドが持つべき視点
日本のブランドが海外展開で持つべき視点とはどのようなものか。2024年4月にI&CO APAC代...