2006年12月19日 07時00分 UPDATE
特集/連載

Column2007年注目の10大データセンター技術

ガートナーが2007年に注目すべきデータセンターの10大技術について説明した。それによると、2007年には仮想化やグリッド、液体冷却などの技術が、データセンターの運用方法に最も顕著な影響を与える見通しだ。

[Matt Stansberry,TechTarget]

 調査会社ガートナーのリサーチ担当副社長カール・クローンチ氏は、11月下旬に同社が開催したデータセンターに関する年次カンファレンスで講演し、2007年に注目すべき10大技術について説明した。同氏によると、2007年には仮想化やグリッド、液体冷却などの技術が、データセンターの運用方法に最も顕著な影響を与える見通しだ。

サーバ仮想化の3つの形態

 クローンチ氏は、データセンター担当者は来年、仮想化を3つの形態で利用するだろうと述べた。1つは現在主流の「分割」という形態だ。これは1台のハードウェアを複数の仮想マシンに分割し、その上で複数のOSイメージを利用することで、サーバの使用率を高めるというものだ。

 もう1つの形態はクローンチ氏が言うところの「テレポーテーション」(瞬間移動)で、これは仮想イメージをそのコードの実行中に別の物理マシンに移動するものだ。講演中に行われた聴衆への質問調査では、聴衆の23%が、稼働中の仮想マシンインスタンスを物理マシン間で移動するために、実運用環境でヴイエムウェアのVMotionを使っており、20%がこの技術を試していることが分かった。

 また、データセンターでは、仮想化が「結合」という形態でも利用される可能性があるという。これは、複数の物理マシンを結合し、仮想的な1台のSMPマシンとしてOSの1つのコピーを稼働させる形態だ。

 聴衆からは、仮想化は今後の大きな流れになるかもしれないが、この技術には、まだ解決すべき問題が残っているという声が多く聞かれた。「実運用環境への仮想化の導入で厄介なトラブルに直面している」とカナダ公衆衛生局(PHAC)のインフォマティクスサービス責任者ボブ・コナロー氏は話した。「ノベル製品とヴイエムウェア製品は相性が良くない。また、特定のOracleデータベースを仮想化しようとすると、SAN上のドライバが連携しない」

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news122.jpg

人工知能「Adobe Sensei」はCMSをどう変えるのか?
アドビ システムズが2018年4月に提供開始する「Adobe Experience Manager」最新版の特徴...

news102.jpg

MarketoがSlackと連携、リード関連情報のリアルタイム通知が可能に
Marketoは、Slackとの連携を発表した。顧客エンゲージメントに関するリアルタイム通知を...

news093.png

ブレインパッド、広告運用レポートの自動作成と実績予測シミュレーションが可能な「AdNote」を提供
ブレインパッドは、インターネット広告運用支援ツール「AdNote」の提供を開始した。