2007年08月13日 05時00分 UPDATE
特集/連載

KeywordsVRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)

[TechTarget]

 VRF(Virtual Routing and Forwarding:仮想ルーティング/転送)は、IP(Internet Protocol)ネットワークルータに組み込まれている技術であり、ルーティングテーブルの複数のインスタンスがルータ内に存在して同時に機能することを可能にする。複数のデバイスを使用せずにネットワークパスを分割できるので、高度な機能を実現することができる。トラフィックは自動的に分離されるため、ネットワークのセキュリティも高まり、暗号化や認証を不要にすることもできる。多くのISP(インターネットサービスプロバイダー)が、各顧客に個別のVPN(Virtual Private Network)を作成するためにVRFを利用している。このため、同技術は「VPNルーティング/転送」と呼ばれることもある。

 VRFは論理ルータのように動作する。しかし論理ルータには多数のルーティングテーブルが含まれているが、各VRFインスタンスはルーティングテーブルを1つしか使用しない。またVRFは、各データパケットの次の転送先を指定するフォワーディングテーブル、パケットの転送時に呼び出される可能性のあるデバイスのリスト、そしてパケットの転送方法をコントロールするルールセットとルーティングプロトコルを必要とする。これらのテーブルは、特定のVRFパスの外にトラフィックが転送されるのを防止するとともに、VRFパスに入ってはならないトラフィックの侵入を防止する。

ITmedia マーケティング新着記事

news135.jpg

オープンソースCMS「Drupal」商用版提供のAcquiaが日本市場に本格参入
Acquiaは、日本支社としてアクイアジャパンを設立したと発表した。

news115.png

Macbee Planetの成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」、DACのDMP「AudienceOne」とデータ連携
Macbee Planetは、同社が提供する成果報酬型広告運用支援ツール「Robee」を、デジタル・...

news018.jpg

ミレニアル世代の85%が動画視聴後に購入の意思決定――Brightcove調査
動画コンテンツは購入の意思決定にどう影響しているのでしょうか。