2007年08月27日 19時17分 UPDATE
ニュース

NEWSゼンド・ジャパン、「Zend Core for PowerGres on Windows」を発表

ゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせた、Webシステム開発環境を構築するためのツール

[TechTarget]

 ゼンド・ジャパンとSRA OSS 日本支社は8月27日、「Zend Core for PowerGres on Windows」を9月3日より発売すると発表した。本製品はゼンドの「Zend Core」とSRA OSSの「PowerGres on Windows」を組み合わせたWebシステム開発環境構築ツール。WindowsでWebシステム開発を行う技術者のために、Apache、PHP、PowerGresを一括インストールし、すぐにシステム開発に入れる環境を提供する。また開発者支援として技術サポートを年間契約で提供する。

 「本番環境はLinux、開発環境はWindows」というケースでは、開発者がWindows環境で開発環境を構築するのに煩雑な設定作業が多く、開発効率の低下を招く一因でもあった。本製品の導入によって、Windows環境でLAPP(Linux、Apache、PostgreSQL、PHP)開発を行う開発者のシステム構築の負担を軽減し、技術サポートにより開発効率を向上できるとしている。価格は5万2500円(年間)で、ソフトウェアのインストール、設定、使い方(マニュアルレベル)のサポートをメールで提供する。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news096.jpg

電通パブリックリレーションズが「第2回 企業広報力調査」の結果を発表
電通パブリックリレーションズ内の研究組織である企業広報戦略研究所は、「第2回企業広報...

news095.jpg

MasterCard、「Pepper」向けデジタル決済アプリケーションの試験運用を開始へ
MasterCardは、人型ロボット「Pepper」向けの初の決済アプリケーションによるの試験運用...

news080.jpg

石黒 不二代氏が語るオムニチャネルの本質、“個”客中心主義とは何か
セブン&アイ・ホールディングスの一大プロジェクト「omni7」を構想から開発まで支援した...