2008年01月11日 04時09分 UPDATE
特集/連載

Web 2.0開発、ネットワーキングの需要もIT求人は2008年も堅調、だが楽観視にやや陰りも

IT職の求人は2008年も堅調に推移する見通しだが、楽観的な見方はややトーンダウンしている。需要が高い職種のトップはWindows管理者だった。

[Linda Tucci,TechTarget]

 2008年に向け、IT職の求人は堅調な状況が続く見通しだ。ただし過去数カ月のようなバラ色の見通しは薄れているようだ。

 人材紹介会社Robert Half Technology(RHT)の最新統計によると、CIOの13%が2008年1〜3月期にIT要員の増員を予定しているのに対し、削減予定は3%だった。実質10%の雇用増大は、CIOの12%が増員を予定していた前四半期からの期待を引き継いだ形だ。増員の主な理由は事業拡大(27%)を筆頭に、顧客・エンドユーザーサポート(20%)、管理システムのアップグレード(19%)の順だった。

 大多数の82%は現状を維持する予定で、向こう3カ月で人材を採用する計画はないと答えた。

 「過去2年の間、当社のIT雇用指数にはCIOの極めて楽観的な見方が示されていた。2%の減少はその楽観的見方がトーンダウンしていることを示しているが、より持続可能なレべルの成長に行き着くものでもある」。RHT広報のキャメロン・ヘファナン氏はこう解説する。

 RHT雇用指数とスキルリポートは、従業員100人以上の米国企業から無作為に抽出したCIO約1400人の聞き取り調査に基づいている。

 経済の減速と、金融業界を揺るがし続けているサブプライムローン関連の危機を考慮すれば、この現状はそれほど悪いようには見えない。

関連ホワイトペーパー

CIO | スキル | IT投資


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...