2008年02月01日 18時49分 UPDATE
ニュース

NEWS住友電工システムソリューション、IT資産/セキュリティ統合管理アプライアンス「ManagementCore Apolis」を発売

汎用管理プラットフォーム「ManagementCore」をベースに構築した、ハード、ソフトおよび保守・サポートを統合したアプライアンス製品。IT統制とセキュリティ監査を同時にサポート。

[TechTarget]

 住友電工システムソリューションとシステムコーディネイトは2月1日、IT資産/セキュリティ統合管理アプライアンス「ManagementCore Apolis」を発表した。2月4日より販売を開始する。

 本製品は、汎用管理プラットフォーム「ManagementCore」をベースに構築した、ハード、ソフトおよび保守・サポートを統合した製品。企業におけるIT資産の把握からセキュリティ監査までサポートする。

 インベントリ管理、パッチ管理・ソフトウェア配布、ライセンス管理、PC操作ログ・外部デバイス制御、不正接続検出・検疫システム、セキュリティ診断、統計レポートなどの機能を搭載。診断機能によりセキュリティ状態の把握を可能にし、レポート機能により傾向や兆候の把握を視覚的にサポートするとしている。

 価格は50ライセンスで150万円から。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news012.jpg

「Apple Watch Series 3」(GPS + Cellularモデル)、メルマガ新規購読で当たる
メールマガジン「ITmedia マーケティング通信」を新規にご購読いただいた方の中から抽選...

news027.png

「スマートキッチン」が切り開く、食と料理の700兆円市場
食・料理は市場規模が大きく、全ての人がターゲットになるまれなジャンル。なのにキッチ...

news145.jpg

マーケティングのサイロ化をどう乗り越えるか――「データの透明性」が会社を救う
「Domo Japan Launch」の基調講演およびDOMOでCMOを務めるシェーン・アッチソン氏のイン...