2008年04月09日 21時03分 UPDATE
ニュース

NEWSヤフーがMS Silverlightの採用を表明

DRMを活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。

[TechTarget]

 マイクロソフトは4月9日、ヤフーが提供するインターネットサービスにおいて、Webブラウザプラグイン「Microsoft Silverlight」を採用すると発表した。

 Microsoft Silverlightは、Web上で次世代のメディアエクスペリエンスやRIA(Rich Interactive Application)を実現するクロスブラウザ、クロスプラットフォーム対応のWebブラウザプラグイン。開発コストや開発期間の短縮、動画・音声のストリーミング配信、Windows Mediaテクノロジによる再生環境といった利点を提供する。

 Yahoo! JAPAN では、Silverlight上で表示することで可能になるDRM(デジタル著作権管理技術)を活用した動画コンテンツの提供や、アプリケーションプラットフォームの1つとしてSilverlightに対応したサービスの展開を予定している。

 ヤフーの代表取締役社長、井上雅博氏は「Yahoo! JAPAN は日々変化するインターネット環境やお客様のニーズに迅速かつ適切に対応していこうと考えており、Silverlightを用いることで、より良いサービスを提供できると期待しています」とコメントしている。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...