2008年05月19日 17時11分 UPDATE
ニュース

NEWS日本HPがLinuxサーバベースの統合ログ管理製品、上流コンサル/システム構築サービスと併売

中小規模向けサーバにRed Hat Enterprise Linuxおよび米SenSageの統合ログ管理ソフトウェア「SenSage Enterprise Security Analytics」をプリインストールした「HP Compliance Log Warehouse」の販売を開始。

[TechTargetジャパン]

 日本ヒューレット・パッカードは5月19日、統合ログ管理アプライアンス「HP Compliance Log Warehouse(以下、HP CLW)」の販売を開始した。

 HP CLWは、同社の中小規模システム向けサーバ製品「HP Integrity rx2660」にRed Hat Enterprise Linuxおよび米SenSageの統合ログ管理ソフトウェア「SenSage Enterprise Security Analytics」をあらかじめインストールした状態で出荷するアプライアンス製品。複数サーバによるクラスタで構成され、負荷を分散しながら多様なアプリケーション、ミドルウェア、OS、ハードウェアからログ収集を行う。収集されたログは迅速なリポート出力が可能なデータベースに保管される。また、ログ保存に特化した独自のデータ圧縮技術により、未加工のログデータを最大10分の1程度のデータ容量にまで圧縮することが可能だ。価格は1ノード構成の場合で1785万円(税込み)から。出荷開始は6月中旬を予定している

画像 HP Compliance Log Warehouse

 また、HP CLWの発売と同時に、顧客企業のログ管理における現状分析と今後のログ管理方針の策定、現状からの移行計画、要件定義までの上流プロセスをコンサルティングの範囲とする「統合ログ管理コンサルティングサービス」と、要件に合わせた統合ログ管理システムを実際にHP CLWを用いて構築する「統合ログ管理システム構築サービス」の提供を開始した。サービス費用は個別見積もりとなる。

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news016.jpg

Appleは今でもイケてるブランドか? 調査とデータで考察する
ビジネスパーソンの人的ネットワークから日本人の国語に関する意識変化、ウェアラブル端...

news101.jpg

セールスフォース・ドットコム、SalesforceにAI機能を組み込む「Salesforce Einstein」を発表
セールスフォース・ドットコムは、Salesforceのクラウドサービスに人工知能(AI)を組み...

news077.jpg

日本の複数デバイス利用ユーザーの半数は4台以上持ち──クロスデバイス利用動向調査
Appierは、アジア太平洋地域におけるクロスデバイス利用動向調査の日本版の調査結果を発...