2008年06月25日 18時12分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、従来性能比1.6倍のクアッドコアOpteron搭載x86サーバ

AMDのクアッドコアOpteron 8000 Seriesを搭載する「IBM System x 3755」を出荷開始。従来のデュアルコアと比べ、約1.6倍の処理能力を持つという。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは6月25日、x86サーバの新製品「IBM System x 3755」の出荷を開始した。最小構成価格は103万円(税抜き)から。

画像 IBM System x 3755
画像 IBM System x 3455

 IBM System x 3755は、科学技術計算やデジタルコンテンツ制作など、高速な計算処理が必要な業務に適したAMDの最新プロセッサ「クアッドコア AMD Opteron プロセッサ 8000 Series」を搭載するサーバ。従来のデュアルコアOpteron搭載機と比べ、整数および浮動小数点演算で約1.6倍の処理能力を持つ。同プロセッサを最大4個搭載でき、メモリも最大128Gバイトまで拡張可能だ。また、新たにサーバ仮想化ソフトウェア支援機能を搭載した。

 管理用のプロセッサを内蔵し、システムの初期設定が可能なソフトウェア「IBM ServerGuide」や統合管理ソフトウェア「IBM Director」を標準で提供。実際にシステム障害が発生する前に不具合を検知する機能や、故障個所を速やかに特定する機能なども備えている。

 また、「クアッドコア AMD Opteron プロセッサ 2000 Series」を搭載する1Uタイプのx86サーバ「IBM System x 3455」も6月27日から出荷予定。最小構成価格は22万円(税抜き)から。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news051.jpg

「SATORI」が機能アップデート、シナリオ機能を強化
SATORIはマーケティングオートメーションツール「SATORI」の機能アップデートを発表した。

news012.jpg

AIで社会課題を抽出して国会議員に届けてみた結果――東大・電通PR・ホットリンク調べ
国会議員の政策策定にもAIを活用する日がくるかもしれません。

news028.jpg

電通が分類する30の「メディアライフスタイル」はなぜ生まれたのか、ここから何が見えてくるのか
電通メディアイノベーションラボが類型化する30の「メディアライフスタイル」。これによ...