2008年06月25日 18時12分 UPDATE
ニュース

NEWS日本IBM、従来性能比1.6倍のクアッドコアOpteron搭載x86サーバ

AMDのクアッドコアOpteron 8000 Seriesを搭載する「IBM System x 3755」を出荷開始。従来のデュアルコアと比べ、約1.6倍の処理能力を持つという。

[TechTargetジャパン]

 日本アイ・ビー・エムは6月25日、x86サーバの新製品「IBM System x 3755」の出荷を開始した。最小構成価格は103万円(税抜き)から。

画像 IBM System x 3755
画像 IBM System x 3455

 IBM System x 3755は、科学技術計算やデジタルコンテンツ制作など、高速な計算処理が必要な業務に適したAMDの最新プロセッサ「クアッドコア AMD Opteron プロセッサ 8000 Series」を搭載するサーバ。従来のデュアルコアOpteron搭載機と比べ、整数および浮動小数点演算で約1.6倍の処理能力を持つ。同プロセッサを最大4個搭載でき、メモリも最大128Gバイトまで拡張可能だ。また、新たにサーバ仮想化ソフトウェア支援機能を搭載した。

 管理用のプロセッサを内蔵し、システムの初期設定が可能なソフトウェア「IBM ServerGuide」や統合管理ソフトウェア「IBM Director」を標準で提供。実際にシステム障害が発生する前に不具合を検知する機能や、故障個所を速やかに特定する機能なども備えている。

 また、「クアッドコア AMD Opteron プロセッサ 2000 Series」を搭載する1Uタイプのx86サーバ「IBM System x 3455」も6月27日から出荷予定。最小構成価格は22万円(税抜き)から。

この記事が気に入ったらTechTargetジャパンに「いいね!」しよう

この記事を読んだ人にお薦めのホワイトペーパー

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

Loading

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news015.jpg

インターネットが好き過ぎる人々の夏
テクノロジーは日進月歩。技術に合わせて私たちのITリテラシーは進化しているのか。ネッ...

news061.jpg

ABM実現のためのデータマネジメントサービスでサンブリッジがリアライズと提携
サンブリッジとNTTデータグループのリアライズは、アカウントベースドマーケティングの実...

news018.jpg

「ラストクリック依存」はなぜ失敗するのか?
CPA(顧客獲得単価)の最適化という目標は達成できているのに肝心の収益には貢献していな...