日本IBM、データセンターの電力使用量を30%削減する効率化支援ソフトの新版発表NEWS

「IBM Systems Director Active Energy Manager」により、データセンターにおける設備投資やエネルギー予算の見積もりと計画を長期的視野で最適化

2007年11月29日 19時14分 公開
[TechTarget]

 日本アイ・ビー・エムは11月29日、データセンターにおけるエネルギー使用の効率化を支援する管理ソフトウェアの最新版「IBM Systems Director Active Energy Manager(AEM)」を発表した。

 本製品は、従来x86サーバ「IBM System x」を中心に提供してきた電力管理ソフトウェア「PowerExecutives」の機能を拡張し、ほかのプラットフォームへ対応を拡大したもの。さまざまなプラットフォームを横断的に仮想化技術で運用、管理するソフトウェア「IBM Systems Director」ファミリーの追加機能として提供される。

 オートノミック(自律)機能を利用してデータセンターのエネルギー消費を追跡し、電力使用量の監視と効率性向上、コスト削減を支援する。データセンター内のサーバやストレージが実際に使用した電力量そのものを把握することが可能で、管理者はデータセンターにおける設備投資やエネルギー予算の見積もりと計画を長期的視野で最適化できるという。また、システムの電力使用量と個々のシステムが吸入・排出する空気の温度を監視してレポートする「Power Trending機能/Thermal Trending機能」を搭載。さらに、需要の変化に応じた使用電力の管理を行う「Power Savingモード」と、システムごとの最大使用電力を設定する「Power Capping機能」を併用することでエネルギー使用効率が向上し、システムの電力消費量を最大30%節減できるとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news100.jpg

日本はなぜ「世界の旅行者が再訪したい国・地域」のトップになったのか 5つの視点で理由を解き明かす
電通は独自調査で、日本が「観光目的で再訪したい国・地域」のトップとなった要因を「期...

news023.jpg

誰も見ていないテレビ番組にお金を払って露出する意味はあるのか?
無名のわが社でもお金を出せばテレビに出してもらえる? 今回は、広報担当者を惑わせる...

news182.jpg

中小企業のマーケティングDX 取り組みが進まない理由は?
トライベックの2024年最新版「中小企業DX実態調査」の結果、さまざまな課題が浮き彫りに...