2008年07月18日 19時15分 UPDATE
ニュース

NEWSシマンテック、パフォーマンスを大幅に改良した「ノートン2009」日本語パブリックβ版を無償公開

「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」および「ノートン・アンチウイルス 2009」の日本語パブリックβ版を公開。ユーザーによるフィードバックを基に、パフォーマンス面を中心に改良した。

[TechTargetジャパン]

 シマンテックは7月18日、「ノートン・インターネットセキュリティ 2009」および「ノートン・アンチウイルス 2009」の日本語パブリックβ版を公開した。PCの動作を重くする仕様を改良し、性能に与える影響をなくすことを目指したという。

 ノートン2009では、スキャニングエンジンからユーザーインタフェースまで、製品のほぼあらゆる側面にわたり300カ所以上を改良。ブラウザ保護機能、リアルタイムの「SONAR保護機能」、侵入防止システム(IPS)、アンチルートキット、アンチウイルス、アンチスパイウェアなどの機能が協調動作することで脅威を事前に食い止める多層型の保護システムを搭載する。また、オンラインショッピングなどのユーザー認証時の個人情報を保護する「ノートンIDセーフ」機能にも引き続き対応した(ノートン・インターネットセキュリティ 2009のみ)。

 特に、何百万人ものユーザーコミュニティーによるデータや要望を基にした、スキャンの必要なファイル数を減らす「ノートン・インサイト」と呼ばれる技術を採用。さらに、保護機能の更新時間を1分以内に改善、メモリ使用率を主要なセキュリティソフトの半分以下に抑えるなど、パフォーマンスに与える影響を限りなく抑えるための改良を重ねた。

 ノートン・インターネットセキュリティ 2009とノートン・アンチウイルス 2009の日本語β版は、9月24日までシマンテックのベータセンターから無料でダウンロードが可能だ。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news123.jpg

アドエビスに「シナリオコンバージョン」機能
ロックオンは、マーケティングプラットフォーム「アドエビス」をバージョンアップし、「...

news119.jpg

テレビ東京、IRIS.TVの動画パーソナライゼーション機能をモバイルアプリに採用
ブライトコーブは、業務提携を締結しているIRIS.TVの動画パーソナライゼーション機能がテ...

news061.jpg

世界の広告費成長率、デジタルが2桁成長でテレビ超え――電通イージス・ネットワーク予測
電通イージス・ネットワークは、世界59カ国・地域から収集したデータに基づき、「世界の...