2008年09月11日 20時13分 UPDATE
ニュース

NEWSCAがIAMスイートの新製品、第一弾はID管理ツール

日本CAが統合アイデンティティ/アクセス管理スイート「CA Identity and Access Management r12」を発表。そのうち、ID管理製品「CA Identity Manager r12」を9月11日より販売開始する。

[吉村哲樹,TechTargetジャパン]

 日本CAは9月11日、統合アイデンティティ(ID)/アクセス管理製品群「CA Identity and Access Management r12」(以下、CA IAM r12)を発表した。CA IAM r12に含まれる各製品のうち、日本国内では「CA Identity Manager r12」「CA Access Control r12」「CA SiteMinder Web Access Manager r12」の3製品が提供される。その第一弾として、ID管理製品であるCA Identity Manager r12を9月11日から販売開始する。

 CA IAM r12は、ID・ライフサイクル管理、アクセス管理、フェデレーションなど、ID/アクセス管理(IAM)に関する各種製品を同一プラットフォーム上に搭載し、包括的なIAMソリューションをユーザーに提供する製品スイート。今回販売を開始するCA Identity Manager r12は、その中のID管理機能を提供し、CA IAM r12の中核を担う製品。2006年1月に発表した「CA Identity Manager r8.1」のバージョンアップ版となる。

画像 日本CA マーケティング部 金子以澄氏

 CA Identity Manager r12は、企業内の各システムで個別に管理されているユーザーID情報の一元管理を可能にする製品。パスワード管理、プロビジョニング、リポーティング、外部システムとの接続モジュール(コネクタ)などの機能を提供する。システム管理者の負荷を軽減するとともに、一貫したポリシーに基づきIDを一元管理することにより、セキュリティと内部統制の強化を実現するという。今回のバージョンアップに当たり、プロビジョニング機能の強化、セキュリティ機能の強化、コネクタSDKへの「Java SDK」の追加などが行われた。また、UIの改良による操作性の向上、リポート機能の強化によるコンプライアンス対応も新たに図られた。

画像 CA Identity Manager r12のユーザー管理画面《クリックで拡大》

 日本CA マーケティング部 フィールドマーケティング マーケティングマネジャーの金子以澄氏は、国内のユーザー動向について「日本版SOX法対応では、財務報告の正当性を担保するために、システムのデータが改ざんされていないことを保障する必要がある。そのため、当初はシステム管理者のIDを管理したいというニーズが多かった。現在はそこからさらに発展して、エンドユーザーである一般社員のIDも含めたID管理へと範囲が広がってきている」と説明する。

 同社はさらに、OSレベルでの特権ユーザー管理を実現するCA Access Control r12と、Webアクセス管理を行うCA SiteMinder Web Access Manager r12を2009年の年初から順次提供開始する予定。営業体制も今年度より刷新し、日本版SOX法の運用開始に伴う企業のコンプライアンス意識向上をにらみ、積極的にIAMソリューションを提供していくという。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...