2008年08月19日 19時02分 UPDATE
ニュース

NEWSサークルKサンクスがオラクルのID管理製品で内部統制システムを刷新

ID管理製品「Oracle Identity and Access Management Suite」を導入。各システムにおける正社員および派遣社員のID/パスワード管理の一元化を実現した。

[TechTargetジャパン]

 日本オラクルは8月19日、全国6000店以上のチェーンを展開するコンビニエンスストア大手のサークルKサンクスが、内部統制と社内クライアント環境のセキュリティ強化を目的にID管理製品「Oracle Identity and Access Management Suite」を導入し、内部統制システムを刷新したことを発表した。新システムは2008年4月に稼働を開始している。

 従来サークルKサンクスでは、社内エンドユーザーからのパスワードに関する問い合わせがシステム本部へ集中したり、ユーザーがパスワードをメモするといったセキュリティ上の問題を抱えていた。また、派遣社員のIDを正社員とは別に管理していたため、退職した派遣社員のID管理は人手を介することが多く、管理に多くの時間を要していた。

 Oracle Identity and Access Management Suiteの導入により、各システムにおける正社員および派遣社員(合計約2500人)のIDとパスワード管理の一元化を実現するとともに、ID管理業務の電子化および自動化による管理コストの低減、ユーザーの定期的なパスワード変更作業の簡易化などによるセキュリティの向上も実現したとしている。

 これまで基幹システムは独自開発することが多かったサークルKサンクスだが、ID管理システムの導入にはコンサルティングを受けながら導入できるパッケージソフトウェアが必要と考え、富士通中部システムズ(FJCL)と日本オラクルの連携体制を評価し、採用を決定したとしている。

ITmedia マーケティング新着記事

news073.jpg

デロイト トーマツ「Tech Trends 2019日本版」、次世代のマーケティングについて書いてあること
技術そのものよりも、デジタルトランスフォーメーション(DX)に向けて、それらを使いど...

news107.jpg

卓球「Tリーグ」と「TikTok」のコラボレーションがお互いにもたらすメリットとは
認知拡大を課題とする卓球新リーグとファン層拡大を狙う大人気の動画SNS。パートナーシッ...