2008年08月05日 19時11分 公開
ニュース

日本オラクルが内部統制関連製品を強化、リポート作成や可視化に対応NEWS

企業のガバナンス、リスク管理、コンプライアンスを支援する「Oracle GRC Suite」を強化。「Oracle GRC Manager」を機能拡張するとともに、内部統制報告書作成を支援する新アプリケーションを販売。

[ITmedia]

 日本オラクルは8月5日、企業のガバナンス、リスク管理、コンプライアンス(GRC:Governance, Risk and Compliance)を支援するアプリケーション製品群「Oracle GRC Suite」の強化を発表した。

 今回の強化では、内部統制の運用状況を一元管理できるアプリケーション「Oracle GRC Manager」の機能拡張を行うとともに、内部統制報告書作成を支援する分析・リポート機能「Oracle GRC Intelligence」を新製品として提供開始する。

 Oracle GRC Managerの機能拡張では、日本の導入企業からの要望に対応し、監査範囲やコントロール(統制)の絞り込み(Scoping)機能を実装。グローバル企業のニーズにも応え、対応言語を中国語を含む11カ国語に拡充し、さらに組織変更などによる人事情報の変更に合わせてマスタを一括更新する機能を追加した。

 また、新たに提供開始するOracle GRC Intelligenceは、内部統制状況の分析画面とリポート作成機能を提供。企業全体のリスク対応状況の可視化と業務別や地域別情報、コンロール状況やテストの進ちょくなど、詳細な項目まで掘り下げて状況を把握することが可能だ。また、定型での帳票作成が可能なリポート機能を装備し、内部統制報告書作成の効率化を支援する。

ITmedia マーケティング新着記事

news095.jpg

コト売り企業とモノ売り企業のレジリエンス(回復力)の違い――Zuora Japan調査
Zuora Japan2020年の「サブスクリプション・エコノミー・インデックス(SEI)」レポート...

news148.jpg

生活者視点から見たDX 受容層43.1%、拒否層12.5%――日本IBM調査
「IBM Future Design Lab.」の調査によると今後、DXの波は産業の場から生活の場へと拡張...

news146.jpg

マーケティングオートメーション(MA)を導入しない理由1位は4年連続で「高いから」――Mtame調査
2017年から続く「マーケティングオートメーション意識調査」の2020年版の結果です。