2009年01月19日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWSシマンテック、Hyper-V仮想化環境バックアップ/リストアの検証結果を公表

シマンテックが、マイクロソフトと共同で進めていたHyper-V仮想化環境のバックアップ/リストアに関する検証作業の成果を公表、詳細な操作手順を記したホワイトペーパーもリリースした。

[吉村哲樹,TechTargetジャパン]

 シマンテックは1月15日、同社のバックアップソフトウェア製品「Symantec Backup Exec」とマイクロソフトのサーバ仮想化技術を組み合わせたデータ保護ソリューションについて記者説明会を行った。

 シマンテックとマイクロソフトは2008年10月から、Windows Server 2008 Hyper-V(以下、Hyper-V)のサーバ仮想化環境におけるデータ保護をSymantec Backup Exec 12.5 for Windows Servers(以下、Backup Exec)で実現する方式の検証作業を共同で進めてきた。Backup Execは最新バージョン(バージョン12.5)でHyper-V環境の仮想マシン上のデータを効率的にバックアップ/リストアするためのコンポーネント「Microsoft Virtual Serversエージェント」を新たに導入。これをバックアップサーバ上に導入すれば、仮想マシン上にエージェントをインストールすることなく、オンライン/オフライン状態の仮想マシンのバックアップができるようになる。また、バックアップデータをリストアする際には、vhdファイル単位で仮想マシンのシステム全体を復旧するだけでなく、ファイルやフォルダ単位でリストアすることも可能。

画像 Symantec Backup Exec 12.5 for Windows Serversのデモ画面

 Microsoft Virtual Serversエージェントのライセンス費用は、仮想マシンの数ではなく物理マシンの単位で決まるため、ライセンスコストを節約できるという。ただし、電子メールデータやデータベースのデータなど、アプリケーションごとのきめ細かな単位でのリストアには対応していない。そうしたニーズを満たすには、各仮想マシン上に「Microsoft Exchange Serverエージェント」「Microsoft SQL Serverエージェント」などの各種エージェントを導入する必要がある。こうした方式に違いについて、シマンテック システムエンジニアリング本部 パートナーSE部の伊吹山正郁氏は「Microsoft Virtual Serversエージェントを用いたバックアップ、Hyper-V仮想マシンへ各種エージェントをインストールして行うバックアップ、ペアレントOSへBackup Execをインストールして仮想マシンを停止して行うバックアップの3種類のベストプラクティスから、顧客のニーズに合った方法を選択できる」と説明する。

画像 シマンテック 伊吹山正郁氏

 検証作業の成果は、ホワイトペーパー仮想ラボ Backup Exec 12.5 - SMB環境における障害復旧 〜Hyper-V 仮想マシンのバックアップとリストア〜」としてリリースされた。同ホワイトペーパーでは、SMB(中堅・中小企業)での事業継続対応というシナリオに基づき、両社の共同検証作業で確立されたバックアップ手順、リストア手順を紹介している。両社は今後も、仮想化をはじめ幅広い分野で協業を進めていくとしている。

 なお、Backup Execのライセンス価格はバックアップサーバ1台当たり15万4200円(税別)、Microsoft Virtual ServersエージェントはHyper-V(もしくはMicrosoft Virtual Server)のホストサーバ1台当たり38万6700円(税別)となっている。

ITmedia マーケティング新着記事

news007.jpg

電通デジタル、日本企業のデジタルトランスフォーメーション&デジタルマーケティングに関する調査を実施
電通デジタルが実施した「デジタルトランスフォーメーションとデジタルマーケティングの...

news048.jpg

Facebook活用で地方創生、神戸市の取り組みで見えた成果と課題とは?
フェイスブック ジャパンと神戸市が2018年7月に提携した「地域経済・地域コミュニティ活...

news035.jpg

スパイスボックスがAIを活用したフォロワー獲得サービス、ブランドと親和性の高いユーザーに「いいね!返し」
スパイスボックスは、AIスタートアップ企業AIQが蓄積するInstagram約700万アカウントのプ...