2009年02月25日 09時00分 UPDATE
ニュース

NEWS社長交代したソフォス、「売り上げ400%成長目指す」

ソフォスの新社長が3カ年の事業目標を発表。ウティマコ統合効果や販売体制強化により、売り上げ規模を3年後には4倍にするとした。

[堀見誠司,TechTargetジャパン]

 「向こう3年間で国内の売り上げを4倍にする。できない数字ではない」

 セキュリティ対策ベンダー、ソフォスの代表取締役社長に新たに就任した堀 昭一氏は2月24日、報道関係者に今後の事業戦略を説明した。3カ年計画として、ウティマコセーフウェアとの統合による情報漏えい対策製品の強化や販売体制の整備などを通じて、2011年までに現在の4倍の売り上げ増を目指すという。

画像 アップル、アドビ、インフォミックス、ノベルなどの日本法人の要職を歴任してきた堀新社長。ソフォスの強みはマルチプラットフォーム展開やウイルス検知力の高さにあるという

 同社が掲げた具体的な取り組みは、「情報漏えい防止(DLP)ソリューションの強化」と「販売パートナーとの連携強化」の2つ。

 1つ目の施策では、独Utimaco Safewareの買収により手に入れた暗号化・DLPソリューション「SafeGuard」をゲートウェイセキュリティ中心の既存製品ラインに加え、ブランド向上や社内外のセキュリティリスク対策の強化を図る。まず、エンドポイントセキュリティ製品「Endpoint Security and Control」にSafeGuardの暗号化や入出力デバイス/ポート制御機能を加えた製品を2009年春に販売。さらに今後2年間で、既存ユーザーのサポートを継続しながら、両社の製品の統合を進めるという。

画像 ウティマコのソリューション統合により情報保護分野が強化されるという

 2つ目は、同社の営業やマーケティングの部隊が連携し、パートナーの販売活動をサポートする体制をつくるというもの。同社は直販を行っていないが、パートナーによる提案活動を円滑化するため、大手顧客とは「直接コンタクトすることもあり得る」(堀氏)。さらに、2011年までに同社製品を扱うパートナーのセールス担当を2000人規模に増やす販売プログラムの実施などにより、同社が強みを持つ中央省庁・地方自治体のほかに、中小企業市場を開拓していく。

画像 「Simplicity(使いやすいソリューション)をもって安価な製品を提供したい」と語る英Sophos上級副社長のマイケル・マクギネス氏

 堀氏は前社長のアラン・ブロデリック氏に代わり、1月5日に社長に就任したばかりだが、ソフォスにおけるプライベートカンパニー(個人企業)の長所を生かした安定経営や高い脅威検知率を実現する技術力に成長性をすぐに感じ取ったという。具体的な金額は明かさなかったが、堀氏は2つの取り組みを通じて現在の国内の売り上げを3年後には4倍にしたいと事業目標を語った。「有力な販売パートナーからの同意を得た。達成できない数値ではないと思う」(同氏)。また、国内売り上げのソフォス全体に占める割合を、現在の5%から2011年には20%にまで引き上げるとした。

この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news128.jpg

トライバルメディアハウスがPinterestと協働プロジェクトを開始
トライバルメディアハウスは、ピンタレスト・ジャパンと協働でプロジェクトを進めること...

news109.jpg

「リードが足りない」の解消へ、toBeマーケティングとWEICが「MAPlus NIKITA」を提供
toBeマーケティングとWEICは、戦略的業務提携を行い、MA運用におけるリード数不足を解決...

news143.jpg

読売新聞社がコンテンツマーケティング事業に参入、「YOMIURI BRAND STUDIO」を設立
読売新聞社は企業のコンテンツマーケティングを支援するため「YOMIURI BRAND STUDIO」を...