2009年03月09日 08時00分 UPDATE
特集/連載

Excelファイルから本格システムまでCPM(企業業績管理)の効果的な進め方

CPMの目的は、収益性の継続的な向上に向けて最新の業績を追跡することにある。強固なCPM基盤を作るのに有効な5つのステップを紹介する。

[Christina Torode,TechTarget]

 ほとんどの中堅企業は企業業績管理(CPM:Corporate Performance Management)を継続的に行っている。CPMは、部門長が収集、管理する基本的なExcelスプレッドシートのデータを使って行われる場合もあれば、全社規模の予測、予算作成、計画立案、クエリ、リポーティングのための財務データを一元的に把握できる本格的なシステムを利用して行われる場合もある。

 CPMの目的は、収益性の継続的な向上に向けて最新の業績を追跡することにある。専門家は、次のステップを踏んで、そのための強固な基盤を作ることを勧めている。

1. 責任体制を明確にする

 あなたの会社では、CPMプロジェクトはIT部門任せだろうか。もしそうなら、そのプロジェクトは失敗する運命にあると、Forrester Researchのアナリスト、ボリス・エベルソン氏は語った。CPMプロジェクトは、ビジネスサイドや最高責任者レベルの役員がオーナーとなり、会社として推進しなければならない。IT部門とビジネスサイドの担当者がデューディリジェンス(※)を行い、連携して、自社のニーズに合った適切なCPMソフトウェアを選択すべきだ。ソフトウェアが選択されたら、IT部門はビジネスサイドの声に謙虚に耳を傾け、システムのテストや構築、構成を行う準備を整えなければならない。

※編注:デューディリジェンス(due diligence)。投資対象の価値を調査すること。

2. 追跡する指標だけでなく、指標の定義についても社内の合意を取り付けておく

関連ホワイトペーパー

BI(ビジネスインテリジェンス) | Excel


この記事を読んだ人にお薦めの関連記事

注目テーマ

ITmedia マーケティング新着記事

news099.jpg

「Pinterest」のマーケティング活用、実は意外と進んでいるってご存じでした?
おしゃれな人、アート志向の人が使う画像共有サービスとして知られる「Pinterest」。アー...

news095.jpg

NTTコム オンライン、「Oracle Eloqua」と連携したSMS送信サービスの提供開始
NTTコム オンラインは、マーケティングオートメーション「Oracle Eloqua」から直接SMSを...

news072.jpg

インテージ、「INTAGE connect」経由でモバイル空間統計データの提供を開始
インテージは、同社の「INTAGE connect」を通して、ドコモ・インサイトマーケティングが...