ジール、データ統合ソリューションを販売開始NEWS

インフォマティカの「PowerCenter」を中心としたデータ統合ソフトウェアの販売代理店契約を締結

2007年08月09日 20時32分 公開
[TechTarget]

 ジールは8月9日、インフォマティカ・ジャパンと「PowerCenter」を中心としたデータ統合ソフトウェアの販売において販売代理店契約を締結したと発表した。ジールはBIやCPM、DWHの構築に向けた企画から実装までのソリューションを提供しているが、実装において必要不可欠であるデータ統合の重要性に着目。データ統合分野で実績を持つインフォマティカと提携し、データ統合ソリューションの販売・構築・運用を提供することに合意した。

 今回の提携により、ジールは「企業内外における全社的データ連携・統合ソリューション」「ビジネスインテリジェンスプロジェクトにおける経営戦略ソリューション」「PowerCenterのトータルな保守・運用サービス」を提供していくという。これらのソリューションやサービスは、インフォマティカのデータ統合分野でのノウハウと製品としての強みをジールのソリューションに生かし、データの連携・統合やシステム構築時間の短縮と低コスト化を実現するという。また、システム間のデータの流れを可視化できるため、内部統制にも貢献し、さらにPowerCenterのプロファイリング機能を活用することでデータ解析・分類に役立てることが可能だとしている。

TechTargetジャパンへのご登録はお済みですか?

「TechTargetジャパン」メンバーシップのご案内

会員登録を行うことで、300点以上の技術資料がそろったホワイトペーパーや興味・関心分野ごとに情報を配信するメールマガジン、ITmediaや@ITの特集記事がPDFでまとまって読める電子ブックレットなど、各種サービスを無料で利用できます。会員登録(無料)はこちらから


ITmedia マーケティング新着記事

news105.jpg

Netflixの広告付きプランが会員数34%増 成長ドライバーになるための次のステップは?
Netflixはストリーミング戦略を進化させる一方、2022年に広告付きプランを立ち上げた広告...

news094.png

夏休み予算は平均5万8561円 前年比微減の理由は?――インテージ調査
春闘での賃上げや定額減税実施にもかかわらず、2024年の夏休みは円安や物価高の影響で消...

news035.jpg

低迷するナイキやアディダスを猛追する「HOKA」の “破壊的”ブランディングとは?
ランナーの間で好感度が低迷しているNikeに対し、ディスラプター(破壊的企業)として取...